2011年11月30日

【神戸残留め決手はサポーターの声】 大久保

神戸FW大久保来季も神戸でプレーすることを決めた。
元日本代表FW大久保嘉人(29)は神戸市内のいぶきの森競技場で、神戸でのタイトル獲得を誓った。
 今季限りで2年半の契約が満了するエースは、今夏から延長オファーを受けていた。
磐田戦後に契約延長に合意し「夏ぐらいからかなり悩んだ。
学校訪問した時には、子どもからも『残ってほしい』と言われた。グッときたね」と説明した。

決め手はサポーターの声。
「チームが強くなるために、自分から変えていきたいと思うし、みんなにも変わってほしい。残るからには神戸でタイトルを獲りたい」と力強く語った。

 大久保は、かねてクラブのステップアップのために変革を望んでいた。


  


Posted by かほり at 21:32Comments(0)

2011年11月29日

JFLコーチ、開チン】

【“一発レッド”】カマタマーレ讃岐のコーチ、小田桐
 カマタマーレ讃岐によると、小田桐容疑者は東京都出身。大学卒業後、京都府と栃木県のクラブチームを経て、JFL昇格前の四国リーグ時、2007~08年にかけてDFとして、カマタマーレ讃岐で活躍した。昨年は同チームのジュニアユースで、中学1~3年生の少年ら約20人を指導していた。

「性格も明るく、好青年という印象で、コーチも一生懸命やっていた。事件の知らせは、まさに『寝耳に水』といった感じだ」と驚いた様子で、「今シーズンの残り2試合を全力で戦い、有終の美を飾ろうとしていた矢先だったのに…」と肩を落とした。

女性に開チンして性欲を満たしていた変態指導者に問答無用の“一発レッド”だ。

 オートロック機能という“DF”をかわし、まんまとマンションに侵入。
今年1月29日と5月25日早朝、マンション内に入る住民女性の背後に張り付き、オートロックをかいくぐって建物内に侵入。その後、1階エントランスなどの共有スペースで、女性の目の前に回り込み、下半身を露出させ、猛ダッシュで逃走した疑い。

  被害にあった29歳と19歳の女性が、それぞれ110番通報した。マンション内に設置してあった防犯カメラの映像などから、小田桐容疑者が浮上したという。

 小田桐容疑者は容疑を認めており、「性欲とストレス解消のため、約1年前から十数回やっている」などと話しているという。

 また、カマタマーレ讃岐の住谷幸伸社長(57)は同日付で「非常に驚いている。関係者と県民の皆様におわび申し上げたい」などとコメントを発表した。

  


Posted by かほり at 22:17Comments(0)

2011年11月28日

【約束守れず】V長崎

【V・ファーレン長崎―栃木ウーヴァ】佐世保市総合グラウンド陸上競技場
2-2引き分け 優勝の可能性なくなる5位に後退
 V長崎は0-0で迎えた後半9分、ゴール前の混戦からシュートを決められると、13分にもゴールを許した。39分に途中出場のMF佐藤がゴール前にドリブルで切り込み、反撃のゴール。さらに試合終了間際の44分、佐藤の右クロスからのクリアボールをDF持留が右足で直接蹴り込み、同点に追い付いた。その後も両チームが攻め合ったが、引き分けに終わった。
首位SAGAWA・SHIGAがカマタマーレ讃岐に2-0で勝ったため、V長崎は優勝の可能性がなくなった。2位長野パルセイロはFC琉球に4-0で勝利。松本山雅はホンダロックに2-0で勝ち、3位に浮上した。前節3位の町田ゼルビアはアルテ高崎に1-3で敗れ、4位に後退した。

 12月3、4日は東日本大震災の影響で延期されていた前期第2節の9試合を実施。V長崎は4日午後1時から栃木市総合運動公園陸上競技場で栃木ウーヴァと再び対戦する。   


Posted by かほり at 20:04Comments(0)

2011年11月27日

【JLF今日の結果】


第17節  11月27日(日)佐世保市総合グラウンド陸上競技場

13:00    V・ファーレン長崎2-2栃木ウーヴァFC 5位に落ちる。

  


Posted by かほり at 22:02Comments(0)

2011年11月24日

【小倉会長に特別勲章】日本サッカー協会

 小倉純二会長が南米サッカー連盟から特別勲章を受章することが決まったと発表した。
アスンシオンで授与される。日本と南米各国の絆を強めることに、多大な貢献をしたことが評価された。

日本人では6人目で、過去には日本協会の長沼健元会長(故人)や川淵三郎名誉会長らが受章している。

   


Posted by かほり at 20:40Comments(0)

2011年11月23日

【“山梨のカカ”白崎、得点王&全国制覇狙う!…】高校サッカー

山梨学院大付は市西宮と対戦…
 第90回全国高校サッカー選手権(12月30日~来年1月9日)
昨年の優勝校・滝川二を県予選準決勝で破った強豪との激突は、初戦屈指の好カードとなった。2年ぶりの全国優勝へ「もちろん全国制覇を狙っていきたい。2年前より強いと思う。
 「日本一になるためにここにきた。人生で一度も全国制覇したことがないので絶対優勝したい」と話すエースが仲間を引っ張り、自らの手で栄冠をつかんでみせる。

2大会ぶりの優勝を狙う山梨学院大付は、兵庫大会で前回覇者の滝川二を破った初出場の市西宮と初戦の2回戦で対戦する。

【清水入りが内定している山梨学院大付の白崎は得点王と優勝のWタイトル取りを誓った】

大会NO1ストライカーのFW白崎凌兵(3年)が主将を務める山梨学院大付(山梨)は、初戦となる2回戦で市西宮(兵庫)と対戦することが決定。
 白崎は、第1シード・市西宮との対戦が決まると思わず笑みをこぼした。

これからプロになる以上、評価されるのは得点。
 選手権には苦い思い出がある。J1、J2計7クラブが争奪戦を繰り広げた。清水の山崎光太郎スカウトが「(ブラジル代表)カカのように自分でボールを運べてゴールも決められる」と評価する逸材も、2年前のチーム初優勝時には、ベンチ入りできなかった。背番号「10」を背負い、チームの中心として挑んだ昨年は、準々決勝で流通経大柏(千葉)に1―2で敗戦。自身も大会1得点と不完全燃焼に終わった。

得点王を取りたい。大迫君(現鹿島)は超えたい」と首都圏開催となった第55回大会以降の、1大会の個人最多得点記録、10得点超えでのWタイトルを宣言した。

 今年はけがにも苦しめられた。昨年から痛めている恥骨炎の影響で、今夏の高校総体から10月の山梨県予選まで約2か月半の間は試合には出場せずに、リハビリに費やした。復帰した同予選では3試合3得点。チームは計17点を奪っていただけに数字的には物足りない。「100%でやれることはない」と本大会でもトップパフォーマンスでやれる可能性は低い。それでも「みんなに助けられた。全国ではみんなを助けたい」という思いが白崎を前へ突き進ませる。

 ◆白崎 凌兵(しらさき・りょうへい)1993年5月18日、東京・調布市生まれ。18歳。横河武蔵野ジュニアでサッカーを始め、F東京ジュニアユースから山梨学院大付へ進学。来季の清水入団が内定している。U―18日本代表候補。181センチ、67キロ。家族は両親と兄、妹。
国立競技場での開会式の選手宣誓は奈良育英の山田真史主将が務める。
 

  


Posted by かほり at 21:49Comments(0)

2011年11月22日

【大会史上最小147センチ】全国高校サッカー

【聖和学園が“奇襲”】
第90回全国高校サッカー選手権(12月30日開幕、東京・国立競技場ほか)の組み合わせ抽選会が21日、都内で行われた。
初出場の聖和学園(宮城)の加見成司監督(39)は主将のDF斉藤健ではなく、147センチのFW高橋奏太(ともに3年)を抽選役に指名。 身長の違いで、聖和学園・高橋がライバルたちの視線を引きつけた。
 前日に文教大受験のため神奈川・藤沢に帰省。自宅でくつろいでいると、携帯電話が鳴った。仙台よりも近くにいるという理由で加見監督は抽選会の出席を要請。「何で自分が…。めちゃビックリした」と突然のご指名に戸惑い、美容師の母・孝枝さん(45)に急ぎでカットを頼んで会場に駆けつけた。
 
 指揮官には狙いがあった。「こういう選手もいるんだ、と伝えたかった。彼より小さい選手はいないと思うから目立つでしょ」。大型化が進む現代サッカーの流れに対する逆転の発想。大会関係者によると、147センチは2003年大会の野洲・中井昇吾(現滋賀・ヴィオラSC)の154センチを下回る大会史上最小。
 抽選のステージ上で並んだ対戦相手の香川西・松本壮太(3年)との身長差は実に27センチ。「いつも相手の方がデカイ。慣れているんで」。サイズの差に劣等感などはない。壇上で握手を交わした際には、「力強く握ってきた」(松本)と、戦闘意欲をむきだしにしていた。

 全国の強豪が勢ぞろいする舞台で“小さな巨人”をアピールするサプライズ演出。
注目の初陣校は大会前からライバルたちの視線をくぎ付けにした。

 能力も申し分ない。「選手権では僕のドリブルを見てほしい」と語る“聖和のメッシ”。個人技に自信を持つチーム内でも、狭いスペースをくぐりぬける突破力はピカイチ。香川西・松本も、「このサイズの選手とは対戦した経験もないし逆に怖い」と警戒を強めた。たとえマークされても高橋の強気は変わらない。「やってきたことに自信はある。最後まで自分と仲間を信じて戦いたい」。小さくても選手権に出て活躍できる。大会前の先制パンチは十分に効果があったようだ。

 ◆高橋 奏太(たかはし・そうた)1994年3月5日、神奈川・藤沢市出身。17歳。羽鳥小1年で羽鳥ジュニアユースに入団。羽鳥中ではエスポルチ藤沢で活躍。聖和学園では2年冬からレギュラー。147センチ、47キロ。血液型A。家族は母と兄2人と妹、弟。好きな選手はメッシ(バルセロナ)。

全国に聖和の名を知らしめるには十分なPRだった。
  


Posted by かほり at 20:34Comments(0)

2011年11月21日

第90回高校サッカー選手権

さてどこの高校が勝ち上がるか30日開会式 東海大五(福岡)対 国学院久我山(東京B)
31日は静岡県代表 対 熊本県代表を見に行く2日は長崎日大 対千葉県代表を見に行こうと思う。  


Posted by かほり at 18:49Comments(0)

2011年11月20日

【柏V自信】ネルシーニョ監督

ネルシーニョ監督(61)は「置かれている状況は分かっている。名古屋がどうなろうと我々にはアドバンテージがある」と優勝へ自信を見せていた。
2位名古屋と勝ち点差は3。次節で優勝の可能性もある。

<J1:清水1-2柏>◇第32節◇20日◇アウスタ

 柏が逆転勝ちで首位を守った。

前半43分にFKを直接決められ先制されたが、後半17分にFW工藤壮人(21)がヘディングで決め同点に追いつくと、40分にはMFレアンドロ・ドミンゲス(28)が相手GKがはじいたボールを頭で押し込み勝ち越した。

  


Posted by かほり at 20:37Comments(0)

2011年11月19日

Vファーレン長崎勝つが~

11月19日(土) 第16節 13:00  フクダ電子アリー
 Vファーレン長崎応援にお越しになったみなさんご苦労様でした。
長崎の方がたくさんお越しになってましたね~。

今日は船橋付近は大雨、風も強い状況で中止かと思うほどだつたが蘇我付近は小雨、
フクダ電子アリーいい競技場です。雨にも濡れない競技場です。
一部変わり者いましたが(私)前の方は濡れますよ

ジェフリザーブズ 1-2 Vファーレン長崎
相手戦い方を見てももっと楽な試合ができたはずだけれども、繋いでつないで後手後手に回る試合でした。  


Posted by かほり at 18:44Comments(0)

2011年11月18日

【明日千葉ジェフリザーブズ戦】

フクダ電子アリーナ 13:00 明日は午後から雨
Vファーレン長崎控え選手で戦うのか?監督、コーチ、選手がよく打ち合わせをし勝利を目指す戦術を考えないと
お金を払って競技場に応援に来ているんだから明日は引き分け・負けは許せない。格下の選手も首を覚悟に戦え
勝たないと来年の契約は無いと思え

【来年の契約・案】
一律基本給15万円でどうだろうか 得点者に+1万円 アシスト0円 引き分け0円 勝利したら+3万円
こな給料じゃやってられない?真剣に戦って得点し勝利すれば安定するのでは、まだJLFですもの十分だと思うが
J2一律基本給20万 J130万
今は、お願いしてTV・ラジオ出させてもらっているがギャラがもらえる選手にならないとね~
今年もあと5試合キッチリ勝ってもらわないといけない
勝たないと観客が減ってしまうのが心配だ。明日は雨の中行くぞ~
 監督・コーチ・選手耳が痛くなるかもしれないがガンバつてほしい。  


Posted by かほり at 20:44Comments(0)

2011年11月17日

【無駄が多すぎるのでは】長崎市

長崎の元市長さんたちは、使えない設備ばっかり作り無駄にしている
どまり競技場、松山サッカー場ピッチが規定の広さになっていない。
松山サッカー場はいつ見ても使用していない。
元グランドもノッバラになっている。精霊流しのと時しか使用していない設備
こんな状態では長崎人のスポーツは向上は望めない。無駄な土地だ
あちこちにスポーツ設備ができたがもう一歩チマチマ設備。全国に誇れぬ設備が少なすぎる。
こんな状態で、がんばらんば長崎国体は成功するのか疑問だ  


Posted by かほり at 21:17Comments(1)

2011年11月16日

【町田昇格あり?・V・ファーレン僻む】サッカー

【町田昇格見通条件で長崎は通らず】僻み
町田ゼルビヤは、資本金、競技場、地域も熱心だ、観客動員数2000人?はクリアーできている。
V・ファーレン長崎はと言うと資本金45万円じや~?、競技場ピッチが狭まぎる競技場も?、観客動員数2000人に?大分地域は熱心になってきたが・・・
資本金問題 競技場問題(サイドスタンド・アルプススタンドは芝ではいけない、仮設は一部OK)
クラブハウス・練習場がないので昇格できないのは当たり前だ。町田ゼルビヤを見て僻むしかないの?。
まずはじめに3年でJリーグ昇格を前社長小嶺が宣言したが見通しが甘かった。何もクリアーできなかつた。
パワー・カリスマ小嶺前社長は県には顔が利いたが教育員会には嫌われていた。力不足
V・ファーレンの強化委員だが強化しているのかな?
子供にばっかり強化してV・ファーレンの強化はしているのか長崎県から優秀な高校生をV・ファーレンの強化選手に入れて強化しないと小嶺さん給料泥棒りなりますよ。

違う見方をすればぬるま湯、全体主義と見る事も可能だろう。
7年も待つとV・ファーレン長崎の市民・応援する人も心が凪いでしまったのだ嘘吐する人も出てきた。
正直、この件は本当に難しい問題だったし、個人的に誰がどう頑張っても結論は同じだったようにも思う。

宮田新体制は本当に変わりつつある。アウエーでの応援ツワー実施したり
パワー・カリスマはないが人柄で安定感でクラブは本当に変わりつつある。
会社が最悪へ向かい続けた過去。現在は最悪の会社がまともな会社への道を進んでいる。
大きな案件が終わって一息ついてる暇は無い。どれだけ準備が整っても肝心の現場力でヘタを打てば意味は無い。だからこそ、その改革スピードを上げなければならない。

『失態ではないが、この事実は余りに重い十字架としてのし掛かる。クラブへの信頼にも関わる』
どれだけ準備が整っても肝心の現場力でヘタを打てば意味は無いとう  

【Jリーグ昇格条件】
資本金45万円じや~?、競技場ピッチが狭まぎる競技場も?、観客動員数2000人 クラブハウス・練習場
条件が整うのは長崎がんばらんば国体意向だ。
資金がないのに無理してあがらなくてもいいじゃないかJリーグで安定資金(オーナー・スポンサーが)
いなくなれば下に落ちる。それならJLFで楽しいサッカーやってる方がたのしくないのかと(セルジオ越後)言葉です。な~が~い目で見守りましょうよ。『文句言うなら金を出せ』  


Posted by かほり at 21:59Comments(2)

2011年11月15日

【負けるが勝ちサッカー】北朝鮮

【日本・ザック体制無敗記録は16でストップ】
日本代表は15日、ブラジル・ワールドカップのアジア3次予選で北朝鮮代表と対戦した。

満員に膨れ上がったスタジアムでのアウェー戦敵地で北朝鮮に敗れた。? 
日本は冷静に試合を運ぶが、慣れない人工芝というピッチや相手のプレッシャーに苦しむ。
北朝鮮は正確なミドルパスでボールをサイドへと散らし、鋭いクロスボールから日本ゴールを脅かした。

香川真司や遠藤保仁らをベンチに置き、清武弘嗣や細貝萌らを起用し、6人を入れ替えたメンバーで試合に臨んだ

 すると0-0で迎えた50分、FKからゴール前に上がったボールをパク・グァンリョンが折り返し、最後はパク・ナムチョルが頭で合わせて北朝鮮が1点を先制した。
巻き返しを図りたい日本は中村憲剛に代えて内田篤人を投入。予選で初めて3-4-3システムを採用する。さらに76分には前田遼一に代えてハーフナー・マイクを、85分には清武に代えて李忠成を投入。FWを投入し、得点を目指す。87分には長谷部誠の突破からハーフナーへとつなぎ、李が押し込むが、これはオフサイドの判定でゴールならず。

 結局、日本は最後まで得点を奪うことはできず、0-1で敗戦。予選初黒星を喫するとともに、アルベルト・ザッケローニ監督就任以来守っていた16戦無敗記録がついに途絶えている。
けが人が出なくて何よりだ  


Posted by かほり at 22:42Comments(0)

2011年11月14日

【新規ブログ誕生】

face02
今日からブログ始めました。よろしくおよろしくお願いします。嫌わないでください。お仲間に入れてくださいネ~   あら~見てたのネ~  


Posted by かほり at 22:56Comments(0)

2011年11月14日

【全国高校サッカー県大会決勝】

【長崎日大が優勝】 佐世保市総合グラウンド陸上競技場


前半17分、先制点を決めた長崎日大のFW山本(右)がシュートを放つ

 長崎日大は前半、FW山本、MF久保田がゴールを決めて折り返すと、海星の後半の反撃を1点でしのいだ。
長崎日大が海星に2-1で競り勝ち、3年ぶり2度目の優勝を飾った。長崎日大は全国選手権(12月30日~来年1月9日・東京国立競技場)に出場する。
私のお正月の楽しみも終わってしまった 。
国見、国見、国見、強くなれ国見、強くなれ国見、強くなれ国見 国見応援かって連が応援しているよ


  


Posted by かほり at 22:33Comments(0)

2011年11月14日

【私が行かないと勝つのか?】



11月13日(日) 第15節 13:00東近江市布引運動公園陸上競技場

大勝ちしたV・ファーレン長崎 6-0 MIOびわこ草津


10月02日(日) 第10節 13:00 ホンダロックSC 島原市営陸上競技場 1-1
◎10月15日(土) 第11節 13:00 ソニー仙台FC ユアテックスタジアム仙台 1-1
◎10月22日(土) 第12節 13:00 アルテ高崎 佐世保市総合グラウンド陸上競技場 1-2
◎10月30日(日) 第13節 13:00 カマタマーレ讃岐 香川県営サッカー・ラグビー場 1-1
11月06日(日) 第14節 13:00 FC琉球 沖縄市陸上競技場 3-1

二重丸になってる試合は、なめてかかったのか・・・?
観客はお金を払って見に来ているのだからなめた試合はしてほしくないものだ
引き分けはもう一歩努力が足りないのでは?わざと引き分けにしてる?「引き分けは負けと一緒だ」
『私が行かないと勝つ???』も~行くの辞めるかな~
11月19日(土) 第16節 13:00 ジェフリザーブズ フクダ電子アリーナ 見に行くのを辞めるかな~
10月の試合まだ腹立ててる私でした。

  


Posted by かほり at 18:11Comments(0)