2012年04月30日

【U―20女子W杯】

【U―20女子W杯PVを岩手県宮古市で計画】

 日本サッカー協会の小倉純二会長(73)は、東日本大震災で被災した岩手県宮古市の「グリーンピア三陸みやこ」の多目的アリーナで、8月19日から日本で開催するU―20女子W杯のパブリックビューイングを実施したい考えを明らかにした。
【20歳以下は入場料500円以下に…】
 8月に日本で開催されるU―20女子W杯の第1回組織委員会が27日、都内のJFAハウスで行われた。
 6月4日に都内で抽選会を行い、同17日にU―20米国代表と親善試合(長居)を開催。
日本サッカー協会は「(出場選手と同じ)U―20世代に多く来ていただきたい。
  20歳以下の人は入場料金を500円以下にしようと考えている」と明かした。
日本が1次リーグ2試合を戦う宮城スタジアムでは、被災地の児童を招待する。
8月13日には福島・あづま陸上競技場で壮行試合(相手未定)を行い開幕に備える。


 元なでしこジャパンDFの池田浩美さんが組織委員会の副委員長に就任し、観客動員は前回(10年)ドイツ大会と同じ30万人が目標。

 同施設を訪れた小倉会長は「宮古市長とアリーナ側は乗り気。広いので子どもも多く呼べるし、夢を与えられる。国際サッカー連盟(FIFA)がOKすれば、ぜひやりたい」と話した。  


Posted by かほり at 19:29Comments(0)

2012年04月29日

【相変わらず点の取れない戦い方】

V・ファーレン長崎1-0カマタマーレ讃岐に、勝ったが相変わらず点の取れない戦い方だったようだ。
前半25分FKキックはゴン。得点ならず…  また長崎のチャンスあったが・・・
後半23分ごろ、失点かと思ったらオフサイド。ヒヤリとする場面も…

段々足が止まって来た。後半57分に長崎は中山悟志が決め先制。その後は互いにチャンスを作るも得点ならず。


「悪~い、パスサッカー」の典型を見ているようです。パスに固執するあまりに、自分からドリブルで突破する、シュートを打つという部分が欠けている、ということです。これだと守備中心チームの思うつぼ…。

まさに30年前の弱かった日本サッカーの再現を?佐野監督から意見を聞いてみたい。  


Posted by かほり at 17:39Comments(0)

2012年04月28日

【J1“クビ監督”続々】

【舞台ウラ…経費削減の大きなツケ】

サッカーJ1川崎の相馬直樹監督(40)も解任を発表した。。


 しかも公式戦7戦で未勝利の横浜M・樋口靖洋監督(50)や、リーグ戦5戦勝ちなしの新潟・黒崎久志監督(43)ら、首のあたりが涼しい指揮官はまだいる。

 Jリーグは節目の20年目だが、今季はJ2の横浜FC、G大阪と序盤から監督解任が相次いでいる。

その裏、解任続出の背景にはには経営の厳しさがある

 クラブ運営のためには、背に腹は代えられない。しかし、あるJリーグ監督経験者は「フロントのトップもそれなりの年俸をもらっている。それなのに責任が問われないのはフェアではない」と憤る。安ければ、それなりの監督しか選べない。不況を理由に経費削減したクラブが、結局は今季の大きなつまずきにつながっている。

 各クラブの“ふところ事情”も関係している。G大阪や横浜Mなど、J1で開幕ダッシュに失敗したクラブは名門ばかり。いずれも、監督選びはまず『経費削減』を最優先に行われてきた。

 G大阪は、ここ数年は年俸1億円超だった西野朗氏(57)に対し、経費削減を理由に退任を通告。
横浜Mは、過去5年で6度も監督が交代しているが、昨季も“ミスターマリノス”と呼ばれた木村和司氏(53)をリーグ戦5位の成績ながら首を切った。複数年で出来高払いもついていた木村氏と比べ、樋口監督はほぼ半額で済んだからだ。

 今回の相馬監督も、他のクラブと比較しても高額な5000万円近い年俸がネックで「シーズンはじめに解任も検討されていた。連敗したら即、解任という方針だった」(川崎関係者)という。

 その点で“安泰”なのは鹿島だ。こちらもリーグ戦5戦で未勝利なのだが、クラブOBで元ブラジル代表のジョルジーニョ監督(47)は年俸1億2000万円。開幕ダッシュに失敗したものの、三顧の礼を尽くして招へいしただけに解任は100%ない。

 7日の浦和戦後も「レフェリングの質がJリーグの発展を妨げている」と“正論”までぶち上げて意気揚々と引き揚げていった。監督の立場もさまざまである。
  


Posted by かほり at 19:20Comments(0)

2012年04月27日

【Jリーガーと遠距離愛!】夏菜

【交際認める 】
サッカーJ1・名古屋の小川佳純との交際が分かった夏菜
 10月1日にスタートするNHK朝の連続テレビ小説「純と愛」(月~土曜、前8・00)のヒロインを務める女優・夏菜(22)が、サッカーJ1・名古屋に所属するMF小川佳純(27)と真剣交際している。
1月中旬から付き合い始めたと明かしている。また、両親に報告済みというが、“電撃婚”については否定している。
 小川は名古屋在住だけに「バレンタインも会ってない」としているが、交際は両親に既に報告済みという。

次期朝ドラのヒロイン・夏菜と、イケメンJリーガーとの“遠距離真剣愛”が発覚した。フライデーがツーショットをキャッチしたのは、ある寒い夜だったという。夏菜は黒いキャップ&黒ダウンにマスク姿で、総菜などが入ったビニール袋を右手に持った小川とともに自宅マンションへ入っていったという。

 22歳の若手女優は、結婚については「まったくそんな話は出てないです」と否定。
“仕事第一”の姿勢を強調し、「彼とはしばらく会えないと思います。朝の連ドラの撮影で忙しくなりますし、ここが私の勝負時だと思ってますから」と答えている。

 夏菜の事務所関係者は「いいお付き合いをしているようです」とコメント。
小川の所属する名古屋は「クラブとしては、個人のことなのでこちらとしては把握していません。コメントすることもありません」とした。若きカップルの今後に注目が集まりそうだ。
  


Posted by かほり at 20:59Comments(0)

2012年04月26日

【ヨード卵・光で窮地乗り切れ!?】神戸

【「卵」パワーで、光り輝く神戸】

 高級卵で有名な「ヨード卵・光」(日本農産工業株式会社)とタイアップすることを発表した。
「ヨード卵・光」は、ビタミンEを通常の約5倍も含むという。
 5月1日から兵庫県内の食品店で、所属選手の顔写真と紹介ラベルの付いた「ヴィッセルたまご」(赤玉10個入り、メーカー希望小売価格298円)の販売を開始する。

  現在、チームはリーグ11位。日本代表FW大久保嘉人が、右足首の強度の捻挫で長期離脱する緊急事態に陥っている。エース不在の窮地でも、ビタミン豊富なヨード卵パワーなら、持久力で乗り切れるかも?
  


Posted by かほり at 21:23Comments(0)

2012年04月25日

【右足関節捻挫】大久保嘉人


【柏戦(21日、ホームズ)で負傷した】 
神戸のFW大久保保嘉人(29) 右足関節捻挫で離脱、全治約8週間と診断された。復帰は7月見込み言うが
柏戦の接触プレーで右足首を痛めた大久保は試合後、腫れた患部をかばうように松葉づえを突いて病院へと向かった。後半に放った2本のシュートをいずれもゴールに結びつけ5試合ぶりの勝利を手にしたが、目指すは自分たちから仕掛けて得点を奪うアクションサッカーだ。
指揮官は「中盤でのフィジカルが足りなかった。ビルドアップからの攻撃ももう1回やっていきたい」と29日のアウェー横浜戦への修正ポイントを挙げた。
「足首がマヒして動かんかった。ヤバイかも」と最悪の結果も覚悟していただけに、捻挫の診断は不幸中の幸いだ。全治通りならば復帰は7月になる見込みだが、早期回復を目指して25日からクラブハウスの室内でリハビリを開始する予定だ。

和田監督は「だいぶ腫れとった。何試合かはね」と話し、エースの離脱に厳しい表情を浮かべた。

 
  


Posted by かほり at 20:35Comments(0)

2012年04月24日

【ロンドン五輪男子組み合わせ】

【五輪男子1次リーグ 組分け】 国際サッカー連盟(FIFA)

 A組 英国、セネガル、UAE、ウルグアイ

 B組 メキシコ、韓国、ガボン、スイス

 C組 ブラジル、エジプト、ベラルーシ、ニュージーランド

 D組 スペイン、日本、ホンジュラス、モロッコ
  


Posted by かほり at 21:44Comments(0)

2012年04月24日

【オリンピック・サッカー】

【なでしこ同組】
<グループE>英国  ニュージーランド  カメルーン ブラジル

<グループF>日本  カナダ  スウェーデン  南アフリカ

<グループG>米国  フランス コロンビア 北朝鮮

  


Posted by かほり at 21:38Comments(0)

2012年04月23日

【もどかしいドロー】V・ファーレン長崎

【V・ファーレン長崎-佐川印刷】   
日本フットボールリーグ(JFL)第7節最終日(22日・島原市営陸上競技場

 V長崎は前半7分、相手DFの裏に抜け出したFW中山がミドルシュートを放つもバーを直撃。
後半も両サイドのスペースを突き、MF神崎やDF杉山らを中心に攻めたが、守備を固めた佐川印刷ゴールをこじ開けることはできなかった。
  


Posted by かほり at 15:42Comments(0)

2012年04月22日

【U-18・県リーグ1部が開幕】

【サッカーの高円宮杯U―18県リーグ】長崎市の海星高三和グラウンド
計4試合を行い、総大付、海星、島原商、国見2ndが白星スタートした。

 1部8チーム、2部9チームが参加。1部はU-16県選抜チームが国体に向けた強化のため別枠でオープン参加する。いずれも2回戦総当たりのリーグ戦で競い、1部優勝チームはプリンスリーグ九州2部参入戦に出場する。 22日は2部が開幕だったが28日に変更

 22日は2部が開幕。長崎市の長崎南山高グラウンドなどで4試合と1部1試合を行う。
  


Posted by かほり at 17:38Comments(0)

2012年04月21日

【未勝利も深刻な人材難】横浜M

【監督を更迭できないウラ事情…】名門凋落-

 Jリーグ・ナビスコ杯の予選リーグ第2節(4日)
 この日の札幌は、10代の選手4人を先発させた“1軍半”。そんな相手にも勝てなかったとあって、試合後には横浜Mの嘉悦朗社長(56)と下條佳明GM(57)が『緊急会談』を行った。

横浜Mは今季リーグ戦未勝利の札幌に1-2で敗戦。これでJ1の18クラブ中、いまだ今季の公式戦で勝利がないのは横浜Mだけになった。
なぜなら、現在の横浜Mは深刻な人材難なのだ。
やはりリーグ戦未勝利の新潟戦が控えている。もしも負けるようなことがあっても、樋口靖洋監督(50)の更迭は「あり得ない」とも断言した。
 
嘉悦社長は「今はがまんです。何かやってゼロに戻すと大混乱になる」と説明。

現スタッフ内はもちろん、火中のクリを拾うOBさえいないのが現実。外部招へいは時間と費用がかかる。昨年末には契約が1年残っている木村和司前監督(53)を解任したばかりで、今度こそフロントの責任問題も必至だ。

 チーム内には、日産時代のエースで元清水監督の長谷川健太氏(46)を推す声もあるが、果たして…。
チーム再建には、身売りし、中畑清監督(58)を招いて話題を集めるプロ野球・横浜DeNA以上の大手術が必要かもしれない。
  


Posted by かほり at 20:39Comments(0)

2012年04月20日

【長崎国体の認知度】

【2014年長崎がんばらんば国体・大会しとと、おいわしっとるばい】
「国体の認知度などに関するアンケート」の集計結果を公表した。
「よく知っている」「聞いたことはある」と答えたのは合わせて88・8%と県民の地元国体への関心の高さを示した。
アンケートは、今後の広報活動に役立てようと今年1、2月に実施。
「よく知っている」「聞いたことはある」と答えた県民のうち、両大会を知った広報媒体として「テレビ・ラジオ」(22・35%)が最も高く、次いで「市町広報紙」(13・83%)だった。期待することは「経済効果」(24・2%)が最多、「施設・設備の充実」(16・8%)、「競技力の向上」(14・4%)、「街づくりの推進」(13・2%)と続いた。


県実行委(会長・中村法道知事)は19日、県民を対象に実施した「国体の認知度などに関するアンケート」の集計結果を公表した。「本県で国体が開催されることを知っているか」の問いに「よく知っている」「聞いたことはある」と答えたのは合わせて88・8%と県民の地元国体への関心の高さを示した。

 県内在住の10歳以上の男女4200人を無作為に抽出し、アンケート用紙を郵送。2084人から回答を得た。回答率は49・6%。

  このほか、両大会に参加する形としては、競技の観戦・応援が最も高く、ボランティアとして参加したい、という人も多かった。

県大会総務課長は「両大会には県内外から競技関係者や応援者ら約90万人の来場が見込まれ、経済効果も約505億円と算出されている。本県の特産品や歴史、文化など魅力を発信する好機だけに、今後もPR活動に力を入れる」と話しとるばい。   


Posted by かほり at 21:15Comments(0)

2012年04月20日

【集まれ皆】東京・新橋

【長崎街道】店
県人会集まれ~  飲んで飲んでつまんで飲んで長崎グルメを食べまくり新橋駅まで3ん分でほろよい姿で帰宅する。  


Posted by かほり at 08:11Comments(0)

2012年04月19日

【長崎国体の思い出話】

2014がんばらんば長崎国体 あと906日
盛り上がってきているかな~2013東京国体は盛り上がってきていない。
本当に開催するのかな~

1969(昭和44年)国体を思い出した。
小中高の学校、町中は国体の花を植えられマスゲーム練習し、盛り上がりを見せていた。
サッカー会場は西浦上中学校だった。三菱重工試合を見たおぼえがある。
先生、生徒もだれも興味がなく観戦していなかった。

長崎県立総合運動公園陸上競技場で県の旗上げるのを開会式を夢中で見ていて旗上げるのを忘れた
「へまこいた」「聞いていないよ」「俺がやるんだったの」思い出も


1968(昭和43年)長崎競輪場跡地に完成。
(長崎市営ラグビー・サッカー場)国体ではハンドボール会場となった。
長崎市営競技場、駒場町現 松山町
長崎県営小江原競技場は、国体ライフル競技場となる。

テーマは「明るく、つよく、美しく」。スローガンは「明日の力を育てる国体」。

1969(昭和44年)
第24回国民体育大会夏大会開会式に長崎国体マスゲーム大会を開催する。(長崎市営競技場)
約1万2,000名が参加。
夏季大会開会式が佐世保総合グランドプールで開催される。

秋季大会開会式が諫早市の長崎県立総合運動公園陸上競技場で開催される
長崎国体参加人員が夏季大会3,948名、秋季大会1万7,249名と発表される。(当時、史上最高)

天皇杯 優勝 - 長崎県 皇后杯 優勝 - 長崎県 (ほとんどが開催県が優勝しているが福井県は優勝できなかった)  


Posted by かほり at 20:50Comments(1)

2012年04月18日

【あるブログ炎上】V・ファーレン

【サッカースタジアムが欲しい?】
皆さんがおっしゃってる場所は新幹線新設場では、一企業でサッカースタジアム持つのは無理。
 何十億、何百億かかるのでは、諫早公園陸上競技場一万人入る競技場が有ればいいことでは、
かきどまり陸上競技場は、ピッチの広さがクリアーでき五千人、入る競技場であればいい、
島原、佐世保改修できれば開催できる。
【ぜいたくな悩みだ】

県、市がV・ファーレンためにそこまでは、しない。皆さんの血税ですもの
もしV・ファーレン長崎が作ったとしたら固定資産税や管理費にお金がかかりすぎる借りてれば1日いくらかで借りられる。そちの方が安くつく。お金があったら選手強化にお金を使ってほしいのでは 結論  


Posted by かほり at 18:44Comments(0)

2012年04月17日

【「なでしこの書」展示】サッカーミュージアム

 【日本サッカー協会東京都文京区】日本サッカーミュージアム

 女子代表「なでしこジャパン」の監督や選手が、それぞれの思いを文字にした「なでしこの書」を27日から5月31日まで展示すると発表した。
 佐々木監督は日々の中に学ぶことがあるという意味の座右の銘「歩歩是道場」と記した。

書の腕に覚えは「少々」と得意のダジャレに、愛妻の名前をしたためた書も披露した。流麗な筆跡同様、ロンドン五輪でも「1等“しょ”う」なるか―。
 作品は展示後、チャリティーオークションにかけて図録を1部1000円で販売。収益を東日本大震災復興支援に充てる。

  


Posted by かほり at 18:07Comments(0)

2012年04月16日

<高円宮杯U-18プレミアリーグ・イースト

静岡学園逆転で開幕飾る
◇第1節◇15日◇埼玉第2G
浦和ユース2-3静岡学園

前半36分、静岡学園MF木部はMF柴田(右から2人目)へアシスト

 静岡学園がMF木部未嵐(みらん=3年)の2得点に絡む活躍で、プレミアリーグ開幕戦を逆転勝利で飾った。浦和ユースに前半に2点のリードを許したが前半のうちに追い付き3-2で下した。
 開始23分で2点を奪われる苦しい展開を打破したのも木部だ。前半36分に相手3人に囲まれたがMF柴田則幸(3年)へパスを通しアシスト。同44分にはシミュレーションで警告を受けるが、同45分にはPKを蹴り込み同点にする。後半27分にも相手に倒されるがノーファウル。浦和の守備は木部に手を焼いていた。

 木部には信念がある。「ボールを持ったら何かを起こしてやりたい」。本来は1トップの選手ではないがキープ力と打開力は一気に流れを変えられるほど。「Jクラブには負けない。絶対に点を取る」と意気込んでいたが有言実行。同33分に退くと代わったMF名和太陽(3年)が決勝点を挙げた。木部は「チームとしてうれしかった」と話した。

90分のホイッスルが鳴ると、静岡学園の選手はセンターサークルで勝利を喜んだ。ただの勝利ではない。格上とされる浦和ユースに0-2から追い付き、勝ち越した。「今日は木部でしょう」。
木部は「自信になる。これから楽しみ」と笑顔。名前の通り、木部がプレミアリーグに嵐を呼ぶ。
Jユースのレベルの高さを肌で味わったが、挑戦中の3バックシステムで対戦。今後につながる勝利となった。

 川口修監督(38)は勝利の立役者を挙げた。1トップで相手最終ラインの裏を狙う。くさびのパスを受ければターンしてドリブルを仕掛ける。前からプレッシャーをかける。木部は「フィニッシュのところが」と反省したが、何度となくペナルティーエリアに進入し、チャンスを演出した。3バック導入からわずか2週間、木部の献身的な動きがチームを支えた。

 昨季開幕は2点差を守れずドロー発進。昨年からの成長を見せつけた。


  


Posted by かほり at 22:48Comments(0)

2012年04月15日

【V・ファーレン浮上】

『おっとろ~し1年に1っぺんこげんことが、あるとやもんね~』
日本フットボールリーグ(JFL)第6節第1日(14日・滋賀県東近江市布引運動公園陸上競技場
【MIOびわこ滋賀―V・ファーレン長崎】
 V長崎は前半27分、CKからMFジェームズがヘディングで決めて先制。
後半1分にも相手DFの裏に抜け出したMF岩間がゴールを奪い、リードを広げた。
後半は21分に1点を返されたが、37分にFW有光が今季初ゴールとなるPKを決めると、ロスタイムにも途中出場のMF佐藤がダメ押し点を挙げた。
MIOびわこ滋賀に4-1V・ファーレン長崎快勝して2連勝。3位浮上

ソニー仙台とYSCCは0-0で引き分けた。

  第6節最終日は15日、各地で5試合を行う。第7節は21、22日に各地で8試合を行い、V長崎は22日午後1時から島原市営陸上競技場で佐川印刷と対戦する。
ホームで大量得点で長崎市民を喜ばせてほしいネ~   『私がいかないと勝つんだね~』  


Posted by かほり at 20:16Comments(0)

2012年04月14日

【あっと驚き】V・ファーレン長崎

【資本金】

face02長年、45万円の資本金が、いきなり1億5千45万円に・・・
借入金で資本金に、したのでしょうか、それともスポンサー様が出し合ってこの金額にしたのでしょうか。
それとも1社が出してくれたのでしょうか摩訶不思議face06 
やればできることをこの数年間遣らなかったと言うことかな。
この数年間無駄な時間を過ごしてきたことになりますね。053後から来たのに追い越され

寂しい思いもしました。お金のことは心配いらなくなったが今度は成績・・・
いささか点が取れていない・・・189  


Posted by かほり at 08:32Comments(0)

2012年04月13日

【青森山田野球部施設で出火】

【2人搬送】

 13日午後3時半ごろ、青森市青葉3丁目の青森山田高校敷地内にある野球部の室内練習場から出火し、人工芝約20平方メートルとネット2枚を焼いた。
14日に練習を再開する予定だった。

青森署などによると、34歳と54歳の男性教諭計2人が、煙を吸って病院に搬送された。
同校によると出火当時、生徒はホームルーム中で練習場に人はおらず、火の気も無かった。
練習場の入り口の鍵は開いていたという。

不審火の疑いもあるとみて、原因を調べている。

 野球部は昨年12月に1年生部員が野球部の寮内で殴られ死亡し、当時の上級生が暴行容疑で書類送検された事件を受け活動を自粛中だったが14日に練習を再開する予定だった。

青森山田高校は、自粛は予定通り13日までとし、14日は練習場の清掃などを行うとしている。



 同校野球部をめぐっては、部員の死亡事件を受け、3月に監督を解任。今月9日には死亡した部員の遺族が、同校を運営する青森山田学園や上級生らに約8700万円の損害賠償を求め大阪地裁に提訴していた。
  


Posted by かほり at 23:07Comments(0)