2012年10月04日

【おくんち「庭見せ」衣装や傘鉾披露】長崎市

【長崎くんち(7~9日)】
 長崎伝統芸能振興会今年の踊り町(今博多町、魚の町、玉園町、江戸町、籠町)が本番で使う衣装や傘鉾(かさぼこ)などを披露する「庭見せ」が3日、長崎市の踊り町であった。
 会場は多くの見物客でにぎわい、甘酒が振る舞われるなどして、長崎の街はいよいよ「くんちモード」となった。
 このうち江戸町は江戸町公園では、町の紋章が描かれた朱塗り杯などを飾った傘鉾、根曳(ねびき)の正絹(しょうけん)の衣装、先曳(さきびき)らが着る華やかなオランダ風衣装もお披露目した。
 出し物のオランダ船などを展示。本番で子どもたちが引くオレンジ色の小船は無数のチューリップの造花を積み、見物客が熱心に写真撮影していた。
「傘鉾は勇壮な感じがかっこいい。庭見せを見るとくんち好きの血が騒ぐ」と笑顔で話した。
4日には、各踊り町が出し物の仕上がり具合を町内に披露する「人数揃(にいぞろい)」があった。

 【踊り町と出し物】
7年に1度、巡ってくる踊り町は、7年前と同じ5町で、籠町の龍踊りなどが今年も秋の長崎を盛り上げる。

 踊り町と出し物は▽今博多町「傘鉾(かさぼこ)・本踊り」▽魚の町「傘鉾・川船」▽玉園町「傘鉾・獅子踊り」▽江戸町「傘鉾・オランダ船」▽籠町「傘鉾・龍踊り」。10月7日のお下りの後、傘鉾パレードを予定している。
【くんち料理】
くんちの期間中に用意する独特の料理。ざくろなますや赤飯、どじょう汁、煮〆、甘酒など。   


Posted by かほり at 19:42Comments(0)