2012年10月17日

【ブラジル戦・サッカー日本代表】

【視聴率は23.7% 瞬間最高27.7%】ポーランドのウロツワフ
 サッカー日本代表とブラジル代表の国際親善試合
日本は、守備的だった前回のフランス戦とは一転して積極的に攻めた。

 前半12分にブラジルに中央のスペースを使われ、ゴール左隅のコースを突いたミドルシュートで先制を許す苦しい展開に。その後も攻撃をうまくいなされて、逆にカウンターから次々と好機を作られた。
 前半26分にはPKを取られて突き放され、後半にも2点を奪われ0-4で敗れた。

【ブラジル戦にフル出場した試合後、日本代表の本田圭佑は以下のように語った】

こういう強い相手とやって楽しかったとは?
「当然、負けたことがうれしいとかじゃないんですけど、こんなに大差になるとは思ってなかったし、そのへんは悔しいですけど、でも僕はサッカーをやり始めた時にブラジルっていうものが非常に関係していた部分があって、その憧れじゃないけど、トップと思えるブラジルと初めてやることになって、こうやって負けて、なにか不思議と悔しさ以上に楽しさというものの方が優先して、この先、こういう相手を負かすためにまた頑張ることができると。非常に未来は明るいと。明日からの練習がまた楽しみやなと思えるような試合だったですね」

どこをどうしていく?
「それを話すと1時間くらいかかるので、また別の機会にしたいと思います」

この試合は本田君のサッカー人生に大きな意味をもたらすか?
「そう思えるように、今後しっかりトレーニングに励んでいきたいなと思います」

具体的な日本とブラジルの差は?
「1つ2つ全体的に上はいってたと思います。ただ、負け惜しみでもなんでもなくて、点差ほどの差は感じなかったです」
ザッケローニ監督の就任以降、日本が3点以上を奪われて敗れたのは初めて。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の23位に対し、ブラジルは14位ながらワールドカップ(W杯)5回優勝の強豪。

対戦成績は日本の2分け7敗となった。06年のW杯ドイツ大会1次リーグで日本が1-4で敗れて以来の対戦だった

中継番組(フジテレビ系)の平均視聴率は23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。瞬間最高視聴率は前半終了直前の午後9時54分に記録した27.7%(同)だった。

 

  


Posted by かほり at 19:23Comments(0)