2016年02月29日

【あえて静かに観戦】

初戦、どんな戦い方するか様子見V・VAREN安定した戦い中盤が強くなった.後半引いて守り危機に迫る
大久保の判断ミスで失点、冷静な判断が必要。金沢 水永 翔馬 得点 俺だったら使わないな。いつもの悪さが出た・・・
失点なしだったら2位現在4位

V・ファーレン長崎・ 高木 琢也監督
試合は互いにとって、堅いゲームになったという印象です。金沢は「4-4-2」でブロックを作りカウンターを狙ってきたんですが、FWの水永 翔馬選手と安 柄俊という、高さのあるターゲットに対して起点を作らせなかったのが、われわれにとっては良かったと思います。前半は攻め切れない展開もあったのですが、チームとして意思統一して戦ってくれた。

ツエーゲン金沢・ 森下 仁之監督
ホームで開幕戦を迎えて、勝点を奪えなかったことは非常に残念に思います。少しゲームの入りが硬かったです。もちろん自分たちは、(守備を)堅くやりながらチャンスを見いだしていくやり方なんですけれども、それ以上に気持ちの部分で少し硬かったかなと。もう少し、攻守においてアグレッシブにプレーできたら、前半から違った形のゲームになったのかなと思います。ただ、結果としては(50分に喫した)2点目が全てだったのかなと。前半はスコアが動いても慌てないで、前半は同じようにやっていこうということだった。
ツエーゲン金沢サポーター「ホームで長崎ごときに負けてどうするんだ」声も
ツエーゲン金沢JLFでは佐野監督の力量で負けていたが・・・ コケにしすぎア~ア~
J2V・VAREN 高木 琢也監督ですよ~

V・VAREN応援団コールリーダー前半、後半、交代して・・・
もってこい短すぎる。しょ~りを~ もってこ~~い  もってこ~い長く
最後に選手に次も勝利を持って来い酷すぎる。
『長崎万歳歌えば~』
長崎に生まれて好かった 長崎で暮らして本当によかった。万歳万歳万歳い長崎万歳~
万歳万歳万歳い皆で万歳~ 万歳万歳万歳いV・VAREN万歳~ 万歳 『ヨカバ~イ』
『負けが込んでたら喚きますか~』6日ホーム観戦は3階で見ますか~ネ~
  


Posted by かほり at 08:59Comments(0)

2016年02月24日

【権威無い団体】

V・VARE長崎応援団隊1年ごとに頭が変わるとは・・・
信頼感がなくなるのでは?
他のチームサポーター(コールリーダー)を
長くやっているから信頼されて協力されるのでは
ゴール裏だけではなくバックスタンドでも協力して
手をたたいたり歌ってくれるのですよ~
『人間性もあるかな~』
穏やかに楽しく応援してください
『お前は何もしないくせに』と聞こえてきそう

『応援かって連』
いざこざに巻き込まれたくないですからね
段取りしろ、かたずけしろ、資金協力、泊めてくれ
車で送ってくれ・・・いやなの~ヨ~
自分でやれることだけして行きましょうか。
28日金沢アウエー 3月6日ホーム
行きますかね~
「フットボールのある生活」なんて素晴らしい
負けても我がことのように落胆します。
勝てば我がことのように喜び、励みとなります。
クラブには、速い攻撃、守りの固い、点が取れる戦いかたに・・・  


Posted by かほり at 17:39Comments(0)

2016年02月13日

俳句で一句

TBS木曜俳句 ビルの谷間の富士山の写真を見て 一句

富士さがし 閉ざす都 茨坂         
(みやこ)
東京都内をどこの坂から富士山が見えるか、あちこちと探し回る風景。

いつの間にかビルが建ち富士見坂、富士見町、富士見山でも見えない。

才能なし?
  


Posted by かほり at 22:21Comments(0)

2016年02月08日

【ひとりぼっちを笑うな】


本業漫画家・蛭子能収 自由でいるために「ひとり」を選ぶ…〈平成26年8月に出版した著書「ひとりぼっちを笑うな」(角川新書)は16刷、9万7千部のベストセラー
共感した!」と言ってくれる人がたくさんいて、驚きました。
僕みたいにあまり友達がいない人が買ってくれたのかな。
最初はあまり乗り気じゃなかった。
僕の人づきあいのあり方や行動原理みたいなものを書いてみたらと提案されたためです。
一人りぼっちだっていいんじゃないか。むしろ「1人でいることのよさ」をみんなに知ってもらった方がいいと、思っていることを本に書くことにしました。
 〈俳優、太川陽介さんらと旅をするテレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)は今年で10年目。若い世代には自由気ままな生き方が憧れにもなっている〉

 番組を見て、僕が「自分勝手、自由気ままにしている」と思う方が多いようです。僕としては、相当いろいろ気を使ってやっているつもりなのですが…。でも、僕の行動がそう見えるのは、今の世の中、いろんなことを我慢して、窮屈に感じている人が多いからかもしれない。
 自由でいるために、僕は意識して“群れ”の中に自分の身を置かないようにしてきた。だって、そうしないと自分のやりたいこともできないし、言いたいことも言えない。僕にとって、この世に生まれて一番の喜びは、自分の考えていることを実現することだと考えているからです。

  


Posted by かほり at 21:57Comments(0)

2016年02月02日

【騙され騙され40年】

【長崎新幹線ルート】
元県知事久保寛一 長崎で原子力船むつ修理受け入れ、条件に新幹線を何所よにも早く引くとう条件で受け入れたが・・・
どこよりも遅い着工となった。一部佐賀県が邪魔して(負担はしない)遅れに遅れてしまった。
『開発続行か、全線フル規格化か?』
JR九州に納入されたフリーゲージトレイン在来線を利用するとされている新鳥栖~武雄温泉間もフル規格化することだ。
佐賀県内をフル規格化するとすれば、佐賀県の建設費負担が800億円にのぼる。
だから佐賀県は長崎ルートの建設にそれほど積極的ではないんです。

“時間短縮”という問題に目を向けると、長崎ルートの必要性そのものも疑わしく思えてくる。現在博多~長崎間を結ぶ特急「かもめ」の所要時間は約2時間8分ほど。それに対して、新幹線では約90分と見込まれているのだ。つまり、短縮される時間はわずか30分程度に過ぎない。これだけの時間短縮のために、フル規格での軌道建設どころかフリーゲージトレインという新たな技術開発を行うメリットは果たしてあるのだろうか。
 来年度予算の概算要求では、国交省は約27億円のフリーゲージトレイン開発費を計上している。
『それよりも複線化した方が 特急のスピードも上がるたかが30分短縮のために』県も途中では(諫早干拓の時も)止められない
  


Posted by かほり at 17:12Comments(0)