2017年03月28日

【小嶺魂浸透】

第97回天皇杯全日本選手権の県代表を決める長崎総科大が決勝に進出
長崎総合科学大が三菱重工長崎に5-1で快勝した。

【V・VAREN】
京都戦楽しかった~ アウェー勝利 御機嫌 御機嫌
京都早朝嵐山静けさな~ お昼は祇園でお食事まだ桜は早かった~。
夜は道頓堀であ~食い倒れた~ 翌日は大阪では朝寝、朝酒、朝湯でで~
また~通天閣で串揚げ~たまねぎ、レンコン美味しかつたよ9本ほど
杯ボールで土手焼きでオ~ぐびぐび~
雨が降ってきたからカラオケボックス
【金竜らーめん】
相変わらず美味しいネ金竜らーめん
中国の方も沢山来てましたね。 ケチなんですね 6人で来てらーめん3人前
だが御飯6人前 キムチ6人前 ニラ漬け6人前 ア~お変わり~
かたずけて帰れセルスサービスだろうヨ~
【ふと思ったんですが】
女の方でV・VARENスタッフか?カメラマン?方最近見ませんネ~
何時頃から居なくなったのかね~ 気になりました。  


Posted by かほり at 10:52Comments(0)

2017年03月13日

【馬鹿な経営陣V・VAREN】

二転三転と話しが変わる取締役員たち無脳
恥ずかしくないの
公式発表でNOVAに協力仰ぐと発表
翌日には御断り何を考えているのだ~
落とし所を見つけきれず・・・
『脳無しか』
NOVAを胸ユニホームスポンサーにせればよかったのでは
(5億円貰う)看板広告大きく数も増やし CM何度も流す
来年には背中のNOVAユニホームスポンサーにせれば文句なし
(1億円貰う)
その後は支援してくれれば・・・(1億円貰う)
いいのでは他のスポンサ―様の顔もジャパネット様顔も立つでしょう。

 元の鞘に戻ったが・・・ 今からの資金源は・・・一社に頼るのか?
無理、無理、株主さんが怒るヨ~ 道楽に金使うのかとネ~

長崎の企業に幅広く支援してくれるように役員は毎日頭下げに行けヨ~
それが仕事、それが仕事とだヨ~

長崎ではスポーツクラブは根付かないと言われるヨ~   


Posted by かほり at 09:28Comments(0)

2017年03月11日

【服部半蔵乗っ取り失敗】

 始めは忍者服部半蔵がV・VARE長崎を子会社化し乗っ取る計画だつたのでは・・・
一方NOVAの5億円支援  経営陣目がくらみ受け入れを承知
(これもV・VARE長崎を子会社化し自分の傘下に)
スポンサー様も懸念 スポンサーから外れようとする考える企業も・・・
金額を減らすかとの考えも・・・
 経営難に陥っているJ2長崎は10日、長崎市で記者会見を開き、
5億円超の出資を打診されていた英会話学校大手のNOVAホールディングス
(東京)の支援受け入れを同日の臨時取締役会で決めたと明らかにしたが・・・

 『目を覚ましてみれば一晩でジャパネットがJ2長崎の10億円支援表明 』

現在筆頭株主で通信販売大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)
が同日に都内で記者会見し、3年で10億円以上で経営権を取得する方針を示した。
創業者明氏がクラブ経営を行う意向だ。
 旭人社長 今後、株主の皆さまに相談し、100%近い株式を持って支援したい。 
 同社はグループ企業が09年からユニホームスポンサーを務め、
現在、クラブの株式約20%を保有する筆頭株主。既存の株主と今後の協議で最終的な支援の形を決める。
創業の地である長崎への恩返しとして選手が安心してプレーできるよう支援したいという。

長崎の荒木健治会長はJリーグへの報告書の提出期限が迫っていることなどからいったん
NOVAの支援を受けるとし、NOVAの株式取得を35%にとどめ、
ジャパネットが100%子会社化できる状況を残すと説明した。
  


Posted by かほり at 09:59Comments(0)

2017年03月09日

【大丈夫~?】

V・VAREN長崎経営陣ヨ~まだまだだヨ~スポンサー探ししないと
一社に頼ってはダメ スポンサーの負担を軽減するためにも
スポンサーを沢山探さないと幅広く負担してもらわないとまた直ぐ赤字になる
その為には優良企業に御挨拶、御挨拶、頭を下げて回る
麵業者、建設会社、造船関連会社、大島造船、雲仙観光協会、雲仙ホテル業界
まだ彼方此方に頭下げてスポンサーになってもらわないと~~~
経営陣は少し給料を減らし健全経営を健全経営を
県は県民の給料水準上げないと 誰も遊ばんでしょもん
長崎では『外に出ると銭んバ使うけんおとなしゅしとれ』言葉が有るが・・・  


Posted by かほり at 21:01Comments(0)

2017年03月07日

【NOVA出資へ】

『経営危機を当面回避へ』

 V・ファーレン長崎にNOVA出資へ 5億円規模

 経営難に陥っているサッカーJ2のV・ファーレン長崎
クラブは2016年度決算で約1億2千万円の赤字を計上し、累積赤字は3億円を超える見通し。4月にも給与支給が滞る恐れがあるためスポンサーを探していた。
長崎に対し全国で英会話教室などを運営するNOVAホールディングス(東京)が5億円を超す規模の出資を行う方向で最終調整していることが6日、分かった。既存株主がそのままであれば出資比率は過半数となる。
NOVAが支援に乗り出すことで財政基盤が強化され、当面の危機は回避される見通しが強まった。
 長崎県内を含む全国で約400の英会話教室と、約千の学習塾を運営。J2の大口スポンサーとなることで、将来的にサッカー教室の展開につなげる考え。同社関係者は「地元の企業とともに長く愛されるチームにしたい」としている。

  


Posted by かほり at 09:27Comments(0)

2017年03月05日

【真剣に戦う選手に感謝】

選手は給料貰えるか解からないのに真剣に戦う姿に感謝・感謝

GK安定しているね~安心して見れる  


Posted by かほり at 21:41Comments(0)

2017年03月03日

【泥沼に嵌った~ たすけて~】

V・VAREN長崎健全経営と思っていたが・・・  ぐつぐつ経営か~

V長崎 累積赤字3億円超
サッカーJ2のV・ファーレン長崎について、、昨年1月期決算で累積赤字が約1億8700万円だったことを説明。今年1月期決算でも約1億2千万円の単年度赤字が見込まれることから、累積赤字は約3億1千万円に上るとの見方を示した。
日本フットボールリーグ(JFL)入りした2009年度以降、チームの地域貢献活動や、ホームゲーム会場使用料減免、県民応援デーの経費などで総額約3億4500万円を補助した。
『この世に神仏が居るのなら助けてください』
長崎優良企業様 スポンサー様
ヤクルト創設時の松園 尚巳(まつぞの ひさみ、1922年7月15日 - 1994年12月15日)は、ヤクルト本社名誉会長、ヤクルトスワローズの初代オーナー、 長崎新聞社長、長崎文化放送初代代表取締役会長を務めた[1]実業家。双子の兄は同じくヤクルトスワローズのオーナーを務めた松園直已。顔に免じて助けてください~3億5千万円頼みます。
一回だけ筆頭スポンサーになってください。そうしないともう駄目だな~
たすけて~~たすけて~~

  


Posted by かほり at 20:44Comments(0)