2018年07月31日

【J1復帰へMF磯村亮太】

《新潟伝統のスタイル貫きチーム鼓舞》V・ファーレン長崎へ完全移籍で加入

MF磯村亮太(27)1967年(昭42)生まれ、新潟県出身。

名古屋グランパスの下部組織出身で、U-15とU-18を経て2013年にトップチームに昇格。

2017年7月に新潟に加入した。2012年には日本代表にも選出されている。

明治安田生命J1リーグでは通算10415年9月から新潟版を担当。

サッカー以外にはバスケットのBリーグ、

Wリーグの高校スポーツなどを担当する

「このクラブにはずっと大切にしてきたものがある。それを思い返さなければならない」

メッセージを寄せている。

「このたび、アルビレックス新潟から加入することになりました磯村亮太です。

V・ファーレン長崎の力になれるように自分の持っているものすべてを捧げたいと思います。

一体感のあるこのチームの一員になれることをすごくうれしく思いますし、

長崎とともに自分自身ももっともっと成長していけるようにチャレンジ

していきたいと思います。よろしくお願いします」

新潟にコメント

「突然ですが、このたびV・ファーレン長崎に移籍することになりました。

シーズン途中にキャプテンという立場にも関わらず、チームに迷惑をおかけする

決断をしてしまい申し訳ありません。

新潟で過ごした日々は、僕にとって素晴らしい時間でした。多くの方に助けてもらい、

温かくしていただき、本当に感謝しかありません」

「自分の立場やチームの状況、さまざまなことを考え、思い悩みましたが、

一選手として限りあるサッカー人生の中でもっと成長したい、

もっとチャレンジしたいという思いが日々強くなりました。この1年間、

ファン・サポーターの皆さんに恩をお返しすることができませんでしたが、

どんなときでも温かい声援を送っていただけたこと、ビッグスワンの素晴らしい景色は忘れません。

本当にありがとうございました」感謝を述べた。
  


Posted by かほり at 09:28Comments(0)

2018年07月30日

【明治安田生命・社長練習場訪問】

《V・ファーレン長崎の練習場を訪れ、高田明社長と意見交換した》。諫早市サッカー場

「長崎からメッセージを」


高田社長の経営姿勢を知るために訪問した。2人は練習場やクラブハウスを視察。 

根岸社長は、V長崎が強くなった要因や、アウェー会場で長崎をPRするなど注目を集めている

根岸社長は「クラブハウス内に健康に留意した

食堂があるなど、思いの部分と科学的な部分がバランス良く整っているクラブだ」と視察の感想を述べた。

根岸社長は「V長崎の経営は積極性、主体性がある。地域密着がJリーグの良いところなので、

平和など長崎発のメッセージをどんどん出してほしい」と要望した。

高田社長は練習場の脇にある空き地を示しながら「ここにもう一つ、クラブハウスを作りたい」と説明した。

隣接する人工芝グラウンドでは下部組織の小学生が練習中で、根岸社長は「日本は育成が大きな課題。

このような子どもたちが力を付けることで、V長崎はもっと強くなるはず」と期待した。
   


Posted by かほり at 08:56Comments(0)

2018年07月29日

【「負けられない」ライバル心】

《元同僚森保新監督に長崎高木監督が》

同郷の長崎出身で、サンフレッチェ広島でもともにプレーした。

日本代表の森保一新監督(49)にV・ファーレン長崎の高木琢也監督(50)が

「負けられない。刺激を受けます」と言いつつ「サポートが出来れば」とエールを送った。

2人は長崎県出身で、高木監督は国見高から大商大を経て1990年(平2)に

J1湘南ベルマーレの前身の日本サッカーリーグ・フジタに入団し、

翌92年に広島の前身マツダに移籍した。

1歳年下の森保監督は長崎日大高から1987年(昭62)にマツダに入団しており、

2人は98年に高木監督がヴェルディ川崎(現東京V)、

森保監督が京都パープルサンガ(現京都サンガ)に移籍するまでチームメートだった。

森保監督から就任後、電話があったかと聞かれると「いや…さすがに忙しいだろうなと思って。

ちょっと、その前にも会っていたんで…たまたまですけど」と、電話はしていないものの直近、

会っていたことを明かした。

高木監督は、監督会見後に報道陣に囲まれ、森保監督へのコメントを求められると

「負けられないので…負けられないというか。
森保がそういう大きな仕事をする中で、同じチームとか同郷の人間としても、刺激を受けますしね。

少しでも、うまく選手を育てながら、我々としては良いサポートが出来れば」と協力を約束した。  


Posted by かほり at 09:01Comments(0)

2018年07月28日

【観客2万人があじゃば~】

《2位FC東京を撃破!V・VAREN長崎》

連敗ストップで4試合ぶりの勝ち点3アウェイの長崎が先制した。

元FC東京の徳永が味スタに凱旋  感謝の思いを込めた。東京にはぜひ優勝してほしい。

自分たちもしっかり残留して、また来年ここに来たい。 FC東京 0-1 V・ファーレン長崎ファンマ

77分にスコアが動く。黒木聖仁のクロスを鈴木武蔵が頭でつないでファンマがヘディングシュート。

このシュートは東慶悟がゴールライン上でクリアするも、こぼれ球を自ら押し込む。

アウェイの長崎が先制した。

王者川崎のテクニシャンが絶賛する実力者も!追い詰めた

長崎が持つ意外な「質の高さ」とその背景にあるマーケット

『キチガイおやじも言う事無い』満点だ~

普段喚てることを完璧にやりこなし『これでいいのだ~』

勝つと気持ち良いだろヨ~勝利、勝利、勝利、万歳バンザイ

長崎からお越しの皆さんご苦労様でした。今日の朝台風で飛行機とびますか~心配です。  


Posted by かほり at 00:46Comments(0)

2018年07月27日

【「僕の人生に失敗はない」】

《「ジャパネットたかた」から現在はV・ファーレン長崎サッカーへ…高田明》

「経営という意味では違いはない」と断言。さまざまなアイディアを打ち出す。

チームは3億円もの赤字を負い、一時は倒産の危機に陥りました。

そこで、チームをジャパネットの子会社にし、職を退いていた高田さんが運営会社の社長に就任。

すると、昨年4月には7億7,000~8,000万円だった収益が、現在は24~25億円へと急上昇。

見事にV・ファーレン長崎を立て直しました。

「サッカーはみんな一緒になって盛り上がることが大事」

V・ファーレン長崎の社長就任にあたっても、異業種とはいえ抵抗はなく、

「人を楽しくさせる、それが全ての活動のなかにある」と高田さん。

「アイディアをアイディアだと思っていない」「人は人のために生きてこそ」とも。

試合会場ではV・ファーレン長崎だけでなく、相手チームのサポーターとも交流し、

たくさんの仲間を作っている。

1つ目は、「夢持ち続け、日々精進」。2つ目は、「今を一生懸命生きる」

「今を一生懸命やっていれば失敗にはならない、自己を更新すれば失敗じゃない」と力説する

3つ目は前述の「人は人のために生きてこそ人」

今を一生懸命生きることで変化を生み、その知識は蓄積され、あらゆる変化に対応できる何かが生まれてくるそうです。

「いずれは(プロ)野球を追い抜きたい」と心のうちを

高田さんはサッカー、V・ファーレン長崎を通して、愛と平和、

勝負ごとでありながらも一生懸命であることを世間に発信したいと話た。

『さて、スポンサーさんを増やす話だが』

『ヤクルト』、『ブレンズ』は、やよい軒、ほっともっとの長崎県佐世保市で創業

スポンサーさんになってもらったら~

やよい軒、ほっともっと  


Posted by かほり at 10:17Comments(0)

2018年07月26日

【フライデーナイト“ゼイ(J1)”】


《長崎の髙田社長がFC東京公式SNSで金J(ゼイ)を告知!!》

公式ツイッターに動画で登場。アウェーチームのV・ファーレン長崎、髙田明代表取締役社長が、

対戦する両チームのファン・サポーターに向けてメッセージを送っている。
 
FC東京サポーターに謝意も伝える

リーグが今季から新たな集客作戦として始めた

「フライデーナイトJリーグ」がFC東京対V・ファーレン長崎のカードで開催される。

27日の味スタ来場を約束した髙田社長。マスコットのヴィヴィくんも訪れる予定。

通販番組出演時代を彷彿させる軽快トーク!! 長崎の髙田社長がFC東京公式SNSで金J(ゼイ)を動画告知!

関東在住の長崎サポーターには「ぜひ、7月27日の金曜日は、味スタの方へ馳せ参じてください!」と呼び掛け、

「一緒に感動の試合を、一緒にサッカーを盛り上げましょう!」と金曜の試合に向けて意気込みを見せた。

 髙田社長は27日の一戦について、

「これは“ゼイ(J)”リーグが今年掲げていますフライデーナイト“ゼイ(J)”リーグということで、

金曜日の夜はサッカーで楽しみましょうという一環でございまして…」

話題に上がる独特の発音と、ショッピング番組出演時代を彷彿とさせる軽快なトークで“金J”を告知。  


Posted by かほり at 19:14Comments(0)

2018年07月25日

【どうしょうもない】

《柏レイソル戦チケット無い~》

1ヶ月前に売り出すのでは?全て売り切れ柏まで来ても見れませんぞ~

この競技場小さい、ビジター立ち見で50人で満員

階段5段手前に屋台椅子2つ3段狭い~長崎から来られますか?

東京在住人諦めました~  


Posted by かほり at 20:29Comments(0)

2018年07月24日

【ホーム鹿島戦から】

《宮本恒靖G大阪監督》

就任が発表されたガンバ大阪の宮本恒靖新監督、リーグ登録完了…初陣7月28日

Jリーグは24日、登録役員追加・変更・抹消に関するリリースを公式HPにて発表。

G大阪U-23の實好礼忠新監督が登録完了となった。

G大阪J1リーグ第17節終了時点で4勝3分け10敗、勝ち点「15」の16位に低迷。

リーグ戦では直近5試合勝ちなしと苦しんでいる。天皇杯では関西学院大学に敗れ、初戦(2回戦)敗退。

JリーグYBCルヴァンカップではグループステージを突破し、ノックアウトステージ(ベスト8)に駒を進めている。
 
  


Posted by かほり at 17:50Comments(0)

2018年07月23日

【ウルトラ家族】

《アウェーで久々のウルトラコールリーダー》

遠く長崎、あるいは関東付近からお越しになった皆さん、ご苦労様でした。

久々で周りが見えてなかったのかな?

「静かにして下さい」との声聞こえず、歌い続けては何のための黙祷?

川崎フロンターレが「長崎、長崎!」とコールしていたのに返さず?

私に負けない大声でコールリーダー(青帽子くん)が頑張っていたが

「まだまだだね~、頑張り給え」

キチガイおじさんのご意見と同じことを述べる方もおられた。

DFの動きが一歩遅い、そのため慌ててしまう(ファウル)

川崎フロンターレの1点は仕方がない。あそこまで行く手前の対応がきちっとできれば・・・。

27日FC東京戦お待ちしてます。点を取るサッカー、勝つためのサッカーを望む。  


Posted by かほり at 20:43Comments(0)

2018年07月22日

 【諸君今日の試合は勝てるか】

《V・VAREN長崎の評価》

『レーターチャート』  クロス1、5  シュート2  ゴール3  ドリブル2,5 

 パス1  クリァー3  インターセィブト3  タックル3評価ですが

 せめて3~4ぐらいのレベルにならないと

『長崎 見どころ』

17節、18節は関東でのゲームになるが酷暑に加えて移動負担もある。

16節の神戸戦は0-1で敗北。

中断期間中はポゼッションに重点を置いていたが、イージーなパスミスが目立ち、

試合の流れをつかめないまま前半に失点を喫したことが響いた。

残留に向けて少しでも勝点を取りたい。

リーグ屈指の攻撃力を誇る川崎Fを相手に、存在感を示せるか。

等々力競技場お越しの皆さん最寄りのの駅は

、川崎からバス、武蔵小杉JR口からバスでお越しください

ちなみに東急東横線降りたところに、

担々麺の美味しいところがありまし若き日に食べた思い出

『川崎に、どれだけ抵抗できるかが見どころ』  


Posted by かほり at 08:28Comments(0)

2018年07月21日

【今年もそうめんがおいしい季節】


《専門家が正しい食べ方を》

まさに夏ならではの味、冷やしそうめん氷水・ザル盛り派

うだるような暑さのなか、あっさり冷たいそうめんをツユにつけ、チュルっとすする。

「関西と関東で違うの?」盛り付け方に地域差はあるのか

「うちでは水を切って皿に盛ってます」「大阪ですが水切ってから食べます...」

「ウチの実家も氷水に入れて出てきました」 「ずっと関東ですが氷水に漬けて出てきましたね」

 「しっかりと水を切らないと、麺が水を吸収して柔らかくなり、どんどんマズくなります。

一口大に巻いて、ザルに乗せるのがベストです」

「おそらく地域差ではなく、家庭差ではないかと思います。そうめんは外食ではなく家庭料理です。

おばあさま、お母さんが、氷水に入れて出す家庭であれば、それがずっと続くのではないかと思います」

島原そうめん ・ 五島うどん細麺でのど越しツルッル美味しいですよ。  


Posted by かほり at 18:20Comments(0)

2018年07月20日

【高木 琢也監督ご意見】

《甘いね~》
再開後のゲームだった残念

選手たちはポジティブなゲームをやってくれたと思っています。

ミスで何度かチャンスは相手にも与えてしまいましたけども、

自分たちでこじ開けることもよくやってくれたと思います。

前半はちょっと緊張感というか、相手のプレッシャーに対してもややポジションがうまく取れなかった。

後半はそれをよく巻き返すようなプレーをやってくれたと思います。

リードしているからブロックを作ったのかというのは分かりませんが、

明らかにそれでも背後を取れるシーンもあり

得点こそ取れなかったですけど、作れたということも含めて、ポジティブだったと思います。

前に進めないといけないという部分も、 次が川崎Fで時間もそんなにない。

川崎F戦では違うような形を考えないとい整理して次の試合に臨んでいきたいと思います。

ただ判断をうまくつけていくのは難しい作業なので、まずは良かったところと悪かったところを選手にも

見せながら、修正できるところからまずはやっていきたいなと思います。

ボールを失うことが前半多かったのは、理由としては技術的なミスと、

ちゃんとしっかりポジションを取らないといけないところで

取れなかった早く修正はできると思っています。  


Posted by かほり at 18:08Comments(0)

2018年07月19日

『高木のポゼッションサッカー機能してる】

《監督・選手はこの試合の重要性を分かってたのかな?》

ポゼッションサッカー機能して無いよ~

中断期間利用してオーストリア行ったけど何してたん?『遊んでました。オーストリや観光』

ショートカウンターを融合させることが出来たら、さらに強くて面白いサッカーになると思う

夏場の疲労も考えてポゼッションも高めていくサッカー

練習したんやろうけど後ろで回しててもパスミスばっかり

こぼれ球、セカンドボールへの反応が遅い

2列目の機能不全、ボールこねくりまわし、結果ロスト

負けている状態、残り時間少ない中でのちんたらバックパス交換。

現場の選手、監督、コーチ、スタッフが死に物狂いでもがいているのをサポートしたいと思います!

『ブーイング』

拍手するのも自由、直接訴えるのも自由

不快にさせるつもりはありませんとその場で反論するのも自由とのご意見も

『7月8月この調子じゃ勝てないでしょう。一つでも勝つためには戦術変更、勝つためのサッカを』  


Posted by かほり at 19:30Comments(0)

2018年07月18日

【勝てないサッカー】

『負けるサッカーをしっ付けるV・VAREN長崎』

TVの解説者、イライラ、日頃私が言ってること言ってなさった。

引きすぎ、もつと体を寄せて、パス回しで攻撃が遅い、

高木監督の発言も、のんきなもんだ 理想のサッカー?勝サッカーをせろよ

速い攻撃、裏をかく、相手選手が嫌がることをする(体を寄せる)仕事をさせない

『単純なことだよ』バカサッカーを指導する高木監督 情けない  


Posted by かほり at 21:49Comments(0)

2018年07月17日

【J1後期明日開幕】

《V・VAREN長崎決起集会も行われ期待も大きく膨らむ》

連合コールリーダーさん入院との噂も、誰がコールリーダーやるのだと心配の声も

明日試合は、夜に行かれる方お仕事終え行かれる方気温も高く熱中症にも注意し観戦してください。

水分を十分に取って観戦してください。
『練習の仕方』
選手のエリア、エリア決めて、攻撃、守り強化しないと

やたら走り回る選手がいるがカバーに入るだけでいいのに

パス回し下手な選手も見分けられる。クロスを挙げられない選手も。キック練習強化

戦術良くなったかと見ていたが?

オーストリアで稽古して体力的にも強く、攻撃的にも強く、奪い方、守り方、と思ったが

監督、コーチ選手の横で聞こえ越しに戦術選手がどう動けばいいか愚痴るといい。

野球界では新人選手は監督の横で愚痴りを聞き勉強する。皆さんのご多忙をお祈りし体をご慈庵ください。  


Posted by かほり at 20:14Comments(0)

2018年07月16日

【熱中症にご注意】

《明日も東京36度40度成る所も》15日京都40度に

三連休で最も暑い一日に関東中心に天気急変の恐れあり 西日本でも要注意、北海道は強い雨や雷に注意

めまいがする、顔がほてるなど体調の異変を感じたら、無理をせず早めに声をあげるようお願いします。

地面に近い小さなお子さんは、大人よりも暑く感じています。

なるべく日陰を選んで歩くようにすると良さそうです。

絶対にお子さんを車に残して離れないようにしてください。

関東北部や南部山沿い、甲信、静岡県で天気急変の恐れがあります。  


Posted by かほり at 21:47Comments(0)

2018年07月15日

ハイロ・モリージャス

《V・VAREN長崎に完全移籍で加入》

U―18スペイン代表に選出された経験を持つエスパニョールからハイロ・モリージャス(25)FW獲得

身長1メートル87、体重76キロで、17~18年シーズンは出場がなかった。

私のプレースタイルは、スピードを活かして相手のペナルティエリアに進入し、ゴールを決めることです。

ゴールを決めます。そして、サポーターの皆さんに愛される選手になれるように頑張ります」
  


Posted by かほり at 18:38Comments(0)

2018年07月14日

【13日放映分・ジャパネット】

《売り上げ全額を被災地に寄付》 

通販大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)テレビショッピングなどで販売

被災地支援プロジェクト西日本豪雨と大阪府北部地震の被災地に寄付する。

販売する防災用品は、サバイバルフーズ(缶詰の非常食)と充電式電池、折り畳み式ヘルメット、

LEDランタン。災害への備えにつなげてもらう狙いもある。

13日放送のテレビやラジオの番組で紹介分販売の防災4商品分売上寄付する。

同社は東日本大震災や熊本地震などでも被災地に支援物資や義援金を届けている。

 
  


Posted by かほり at 20:23Comments(0)

2018年07月13日

【Jリーグ】

《天皇杯 3回戦》

鹿島 5 ー1 町田  札幌 4ー 0 福岡  仙台 1 ー0 大宮  浦和 2 ー1 松本

柏 1 ー 2 山形  FC東京 3ー 1 新潟  川崎F 1 (4 PK 2)1 水戸  横浜FM 2ー 1 横浜FC

湘南 1 (4 PK 3)1 長崎  清水 0 ー1 甲府  磐田 4 ー 1 山口  C大阪 3 ー 0 金沢

神戸6 ー1 千葉  鳥栖 3 ー1 徳島 『J1真剣に戦い充当に』

『J1下位チーム』

11鹿島アントラーズ 12湘南ベルマレ  13 横浜F・マリノス  14 浦和レッズ 16 ガンバ大阪

17 サガン鳥栖 18 名古屋グランパス

『J2上位チーム』

1 松本山雅FC 2 大分トリニータ 3 レノファ山口FC 4 FC町田ゼルビア  5 アビスパ福岡  

6 横浜FC 7 大宮アルディージャ 着々とJ1を狙う

V・VAREN長崎8人ほど期間移籍、移籍で大丈夫~? 残りの選手で戦える? 補強は? J1に残れる  


Posted by かほり at 20:41Comments(0)

2018年07月12日

【天皇杯 3回戦】

《あ~いやんなっちゃったあ~あ~驚いた》

2018年7月11日(水)19:00KO BMWス   湘南ベルマーレ対V・VAREN長崎

試合終了 0前半0  0後半0 0延前1  1延後0   4PK3

『高木監督のご意見』

どういうゲームができるか見ていました。

最終的には90分プラス30分の延長戦、そしてPK戦と、うまくレギュレーションを利用できたと思います。

こういうことがチームとして経験になれば、この負けもプラスに変えていけると思います。

『私のご意見』
攻撃しないと点は取れないだろう。全般的にパス回し多い攻撃しないハァ~ハァ~

選手17番23番は、パス回しもできないパスミスがポールを取りにも行かない相手選手に体を寄せない

選手のエリア、エリア決めたら、やたら走り回る選手がいるがカバーに入るだけでいいのに

なぜ勝てないオーストリアで稽古して体力的にも強く、攻撃的にも強く、奪い方、守り方、

戦術良くなったかと見ていたが変わりバイなし『ガッパイした』これじゃJ1では通用しないね。

家に帰れるか電車有るかヒヤヒヤものだった。  


Posted by かほり at 20:28Comments(0)