2018年10月01日

【首都にサッカー専用スタジアムを】

《「必要不可欠なものだと確信している」》

創設20周年を迎えたFC東京・大金直樹代表取締役社長新スタへの思い

FC東京の本拠地である味の素スタジアムは、来年開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会、

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う改修工事等により、

長期間にわたって使用できない状況が想定されている。

「私たちは動かないといけない。待っているだけでは進まないなという思いもあります」

「世界各国の首都にはサッカー専用スタジアムがあり、文化の発祥地になっている。

それは東京にもあってしかるべき」「必要不可欠なものだと確信している」

収容人数は「3万5千から4万人入れる

影響されずにホームゲームが開催できるスタジアムを確保することができれば、

将来的に安定的な試合開催ができるようにもなります」

とし、サッカー専用スタジアムの建設を公式サイト上で唱えていた。

建設地を代々木としたことが報じられていたが、これについても

「具体的に代々木と決まったわけではない」と否定。

「ちょっと前ですと、築地、有明などの臨海部、品川だったりとかが候補にあがった。

もちろん多摩地区にもその土地がないわけではないので、可能性はゼロじゃない」

「そのサッカー専用スタジアムは選手とファン・サポーターの距離を縮め一体感を生み出すスタジアムであり、
FC東京にとって聖地となるスタジアムです。  


Posted by かほり at 21:56Comments(0)

2018年10月01日

【ユナイテッド】

053病んじゃった~病んじゃった~病んじゃった~記事は沢山あるぞ~』

《ユナイテッド 「連合」「団結」「統一」》

早稲田ユナイテッドが掲げ続ける目標です。“アスリートとしても社会人としても一流を目指す“

クラブ内では「プロフェッショナリズムとは何か?」を

選手・スタッフに強く意識してもらう環境作りを整備しています。

ピッチ内でもピッチ外でも、自分達にどれだけ”プロフェッショナリズム“を追求できるのか?

アスリートだけでなく、社会人や学生に対しても同じ問いを投げかけます。

プロを目指す過程では多くのストレスも抱えることになるでしょう。

けれども、大きな目標を共に目指す選手・コーチ・スタッフには、そのために”理想の自分“を描き、学ぶ

習慣を身に付け、試行錯誤しながら、一緒に目標に向かって歩んでいきたいと思います。

引退後のトップアスリート達がビジネスの世界でも躍動する姿や、

その姿に憧れながら文武両道を突き進む育成年代の子供達。それを温かく、

時には厳しい目で見守る関係者の方々。サッカーは楽しいスポーツ。

色々なサッカーへの携わり方があります。スタッフ、コーチ、募集してます(プロサッカー経験者)

来年選手辞めてコーチかナ~徳永くん(早稲田大出身)

そんな未来を描きながら、早稲田ユナイテッドは自分達の目標に挑戦し続けていきます。

早稲田ユナイテッド代表岩崎 勇一郎が就任  


Posted by かほり at 19:00Comments(0)

2018年10月01日

【V・VRENのポロシャツ】

《大村市役所の職員、市議会でV・ファーレン長崎を応援》

ことし7月からこのポロシャツを着て仕事に励んでいます。

胸元には、ヴィヴィくんのイラストと、ハートのマーク、アルファベットでオオムラ。

背中には、V・ファーレンのロゴがプリントされています。

大村市ではシーズン最終日の12月1日まで職員がこのポロシャツを着ることにしています。

9日は大事なホーム戦ということで、必勝を願って園田市長らが、市議会議場では初めて、

V・ファーレンポロシャツを着用、髙田明社長も、議場を訪れました。  


Posted by かほり at 00:00Comments(0)