2018年12月31日

【満員札止め】

NACK5スタジアム大宮10:15分で当日券売り切れ

「チケットをお持の方だけお並びください」11:00開門で

3万人あまり人が競技場付近の道路に溢れていた。

『交通整理しろよ~人も一方通行にしろよ~』怒る危険な状態でした。

「プロサッカーよりも客呼べるじゃん~」

好取組 浦和南 0ー4 東福岡 

浦和南そんなに劣ってはいないが精神的に弱いな、東福岡さすがだね~

2試合目も尚志 1ー1 神村学園 PK5-3福島の勝ち  

Posted by かほり at 17:16Comments(0)

2018年12月31日

【VAR試験導入へ】

『JリーグがVAR試験導入へ』

 Jリーグが来季、主審の判定を映像で補助するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を試験導入

Jリーグは主審と交信しないオフライン形式でのテストを繰り返し、ユース年代の試合で実際に試した。

YBCルヴァン・カップの決勝トーナメントや、J1参入プレーオフが対象となる見込み。

今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会でW杯史上初めて採用され、日本では2016年のクラブW杯や、

今年5月の国際親善試合、日本―ガーナで使われた例がある。

VARは得点やPK、一発退場など、試合の結果を左右するような重大な誤審を防ぐのが目的。  

Posted by かほり at 00:11Comments(0)

2018年12月29日

【いよいよ30日に選手権が開幕!】

【第97回全国高校サッカー選手権】

Aブロック展望~前橋育英、東福岡を軸に激戦必至

帝京長岡では優れたパサーの谷内田哲平(2年)、長崎総科大附でU-18日本代表のMF鈴木冬一(3年)、

浜松開誠館では突破力のあるFW弓場堅真(3年)が注目の存在。

それぞれチームの上位進出のカギを握っている。 

名将・小嶺忠敏監督の下、すっかり長崎の顔となった長崎総科大附と、

初出場ながら激戦の静岡を勝ち抜いた浜松開誠館、技術力の高い帝京長岡(新潟)、

プリンス北海道優勝の旭川実など、実力校がそろう。


『差~弟子の前橋育英(総監督・山田)対 長崎総科大附 (小嶺監督)の対戦は見られるか・・・

その前に東福岡と前橋育英3回戦で対戦 、長崎総科大附 2回戦で負けるなヨ~  

Posted by かほり at 19:30Comments(0)

2018年12月28日

【「キャプテン翼」】

『「葛飾にJ1のクラブ、そしてスタジアムを」』
目標を問われた高橋は「南葛SCを立ち上げましたし、葛飾にJリーグをという夢を持っています。

葛飾の皆さんに、いつの日か楽しんでもらえるJ1のクラブ、そしてスタジアムを作りたい」と語る。

葛飾区・四つ木出身の高橋は1981年に週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載がスタートした

「キャプテン翼」で日本にサッカーブームをもたらしたほか、登場キャラクターの

銅像やラッピングバス制作への協力、小学生を対象としたサッカー大会「キャプテン翼CUPかつしか」

の大会アンバサダーを務めるなど、「キャプテン翼」を通じて葛飾区の地域振興や観光資源の創出、

そして青少年の健全育成に貢献した功績が称えられた。

高橋と同時に、無形文化財・江戸小紋の染色家である小宮康正も葛飾区名誉区民に選ばれた。

東京・葛飾区では、区の公共の福祉または社会文化の興隆に功績があった人物に対し、

その実績を称えるとともに区民敬愛の対象として、そして郷土愛の醸成に資することを目的として顕彰。

これまでにも秋本治や映画監督の山田洋次らが名誉区民の称号が贈られている。
  

Posted by かほり at 10:35Comments(0)

2018年12月27日

【長崎新幹線不要論】

短縮時間10分のため(ホームで逆に待ち時間が長くなる)

10億、15億、35億小出しに建設費は仕方ないが車両開発にも金かけてまだ決まらず。

よく考えたら新幹線料金、運賃高くなるばかり(利用者負担) 特急列車でいいのでは  

「佐賀県の考えがまっとうだ」これが、40年前に完成したのなら、 ありがたかったが  

長崎県も、ごり押し政策辞めたら 干拓事業も失敗(農業、漁業に補償金払い無だ)  

国にたかる長崎県1千億円以上超えてますヨ~
   






  

Posted by かほり at 04:14Comments(0)

2018年12月26日

【差別とのたたかい】美輪明宏

『そして 男らしさについて語る』

1935年長崎生まれ。16歳で、銀座7丁目にあった「銀巴里」の専属のシャンソン歌手としてデビュー。

1967年、寺山修司の演劇実験室「天井桟敷」旗揚げ公演に参加、「青森縣のせむし男」

「毛皮のマリー」の主演をつとめる。

以後、活動は歌手、作詞・作曲、俳優、演出と多岐にわたり、2018年のいまも現役。春には演劇を、

秋にはコンサートを行うのを定例としている。2019年の春は「毛皮のマリー」の

何度目かの上演が決定している。

春にはエディット・ピアフのドラマティックな生涯を描いた舞台、2018美輪明宏版

「愛の讃歌~エディット・ピアフ物語~」を、秋には名曲を「愛」をテーマとした

トークとともに楽しむ「美輪明宏の世界 ~愛の大売り出し2018~」を成功させた美輪明宏。

私たちは「ライフタイム・アチーブメント」賞を献呈する。確かに舞台演出セットは豪華だったが

三島由紀夫と寺山修司。俳優・美輪明宏はふたりの天才から愛された。

『名誉都民になった』

美輪明宏に東京都から名誉都民の称号が贈られた年でもあった。顕彰の理由は、

「戦後の日本に『ジェンダー』を超えた生き方を示すとともに、

長きにわたり舞台・映画・テレビ・講演・著作と多方面で活躍してきた」というものだった。

自民党の杉田水脈・衆議院議員による「LGBTには生産性がない」という

『新潮45』への寄稿が発端となり、同議員のトンデモ主張が物議を醸したことは記憶に新しい。

杉田自身は党内から賞賛され、『新潮45』が休刊に追い込まれた。

『性気狂いの快楽のために犯罪もおかしてます』誇れるものでもない静かにしときましようよ。  

Posted by かほり at 15:33Comments(0)

2018年12月25日

【幕張新拠点】JFA

名称は「JFA 夢フィールド」に決定サッカー協会が

千葉市美浜区内の県立幕張海浜公園内に建設中の新施設の名称が「JFA夢FIELD」に決まる。

同施設には天然芝2面、人工芝2面、フットサルアリーナ、クラブハウスなどがあり、

各カテゴリーの代表チームの活動拠点として10月に起工式が行われていた。

完成予定は2019年末で、運用開始は2020年3月としている。

田嶋会長は「練習場としてだけではなく、情報発信の拠点としたい」と語り、代表チームの強化機能などを

現在のJFAハウス(文京区)から一部移転する計画についても言及。

将来的に宿泊施設も併設する可能性についても語った。

日本代表として活動してきたMF長谷部誠(Eフランクフルト)も、会見に出席し

「代表選手として利用はできないのは残念です」と苦笑い。

それでも「(海外クラブ所属の選手としては)帰国する度に都内近郊での

トレーニング環境は少なくて、ピッチの確保は大変だった。

(成田・羽田空港から)アクセスの良いところにできているので、

利用させてもらえるならばうれしい」と話した。

日本代表の森保監督は「代表チームを預かる身としてうれしく思う。選手、スタッフ、

審判など日本サッカーにかかわるすべての人が集まる場所として、コミュニケーションが生まれれば。

(世代別代表の)各カテゴリーの選手たちには、トップの選手たちを見て夢を持ってほしい」。



 



   

Posted by かほり at 12:09Comments(0)

2018年12月22日

【カレーライス?まちごた】

『カレーラス新監J1鳥栖』
スペイン出身のルイス・カレーラス氏(46)

「私がここにいるのは変化を生むため。長く指揮して良い成績を残したい」と意気込んだ。

昨年までスペインのクラブで指揮を執っており、今季14位に沈んだチームの立て直しに

「目的をしっかり持ってゴールへボールを運ぶことが大事。実現可能だと思っている」と自信を示した。

選手として育成年代から所属したバルセロナ(スペイン)で学んだ

「コンビネーションサッカー」を掲げる。
  

Posted by かほり at 19:21Comments(0)

2018年12月21日

【V・VAREN~J1清水】

『中村慶太を獲得へ 長崎の25歳MF』

千葉県出身、流通経大を経てプロ3年目。〘V・VARENの中心人物だったが〙

16年に長崎入りした。トップ下、サイドなど2列目ならどこでもこなせる万能型で、

昨季はJ2で37試合8得点をマーク。

シュートの積極性とスタミナが武器で、今季はJ1でリーグ戦27試合に出場して

チーム2位の7得点。昨季はJ2で8得点した。2トップの一角のほか、左右のMFでの起用が見込まれる。

クラブ幹部は「前のポジションならどこでもできるし、得点力もある」と高く評価している。
〘立ち位置の良い、よく走り、反応が早い選手だったが〙清水か?FC東京が良かったのでは?

札幌に鈴木武蔵???契約金に目くらんだ~手倉森のもとで鍛えてもらったら日本代表だったかな~

V・VAREN長崎ロートル集め、どうするんだよね~勝てるのか~年取ると反応が遅くなる。

玉田なんか去年は、活躍していないよ動きと反応が遅いよ~取るの~取るの~ア~ア~  

Posted by かほり at 19:30Comments(0)

2018年12月20日

【V長崎の練習拠点】

『県内自治体に練習拠点の移転先を公募している』

親会社、ジャパネットホールディングス(佐世保市)は諫早市に大幅な増設を打診したが、

折り合いがつかず、移転を決断したとしている。 

現在の練習拠点、諫早市サッカー場は天然芝1面と人工芝ミニコート1面を備える。

公募内容は、グラウンド5・5面とクラブハウス、選手寮などが整備可能な

10ヘクタール程度の土地の無償貸与などが条件で、2020年2月をめどに新拠点の利用を始める方針。

大村市長が応募表明1次公募に応じる考えを明らかにした。

公募内容は、グラウンド5・5面とクラブハウス、選手寮などが整備可能な10ヘクタール

程度の土地の無償貸与などが条件で、2020年2月をめどに新拠点の利用を始める方針。

明日までが応募締切 『私の考えでは既に在る雲仙市のグランドをと考えていたが』
   

Posted by かほり at 20:24Comments(0)

2018年12月19日

【磐田・大久保長崎 】

『長崎で新春サッカー教室開催大久保嘉人「楽しみにしています」』

長崎にゆかりのあるJリーガーらによるサッカー教室国見高OB

講師は大久保のほか長崎DF徳永悠平(国見高OB)、長崎GK徳重健太(国見高OB)、

長崎MF中村北斗(国見高OB)、G大阪FW渡辺千真(国見高OB)、札幌MF兵藤慎剛(国見高OB)

湘南MF梅崎司(大村キックスOB)、C大阪MF山村和也(※来季から川崎、国見高OB)、

福岡GK圍謙太朗(長崎レインボーOB)らが予定されている。

東京Vなどで活躍した国見高OBの高木成太氏(41)が企画し、今回で3回目。

「長崎の子供達に夢を!現役プロサッカー選手と一緒に初蹴り」

この中から将来のJリーガー、日本代表選手が出て欲しいです」と話した。

来年1月4日に長崎市営ラグビー・サッカー場で開催される。

国見高OBで磐田FW大久保嘉人(36)が初参戦する。高木氏から誘いを受け、

「ぜひ参加したかったです。長崎に行くのをすごく楽しみにしています」とやる気満々だ。

 午前と午後の2部制で長崎市内の小学5、6年生約200人が無料招待されている。

高木氏は「長崎の人口が減少しているなか、子供たちに夢を持ってもらいたいです語る。

『V・ファーレン長崎高田社長』

「地元の出身選手を積極的に獲得したい」と語っており、大久保の獲得に乗り出していたようだ。

ジュビロ磐田の元日本代表FW大久保嘉人(36)に関心を寄せている。

☆選手データ☆ジュビロ磐田/控え要員 市場価格:8500万円  年俸:6000万円

今シーズンは14試合2得点と、期待されたような結果を残せていないが、本人の決断はいかに…  

Posted by かほり at 21:23Comments(0)

2018年12月18日

【「大戸屋」?「やよい軒」】

『国内店舗数大戸屋飽和、やよい軒爆増』

定食チェーン「大戸屋ごはん処」今では、高級定食店といえるが、私は・・・

池袋時代の大戸屋を知ってるから昔は100円カレー、朝飯300円、若者ための店だった。

決算である18年3月期連結決算は、売上高が前期比2.5%増の262億円、営業利益が10.7%減の6億円だった。

都心部であれば大戸屋はさほど高いとは思わないが、地方だとかなり高いように感じる。

高所得者にしてみれば、大戸屋の中心価格帯、800~1000円という金額は

大したものではないのかもしれないが、一般的な所得の人にすれば・・・

やよい軒は大衆定食、店低価格を実現価格と内容のバランス(満足度)は重要ではない。

価格“のみ”が重要となる。

業績は、売上高が前期比0.1%増の293億円、営業利益が17.9%増の14億円だった。

注目したいのが利益率の高さだ。同事業の売上高営業利益率は5.0%にもなる。

やよい軒を運営するプレナスは、弁当店「ほっともっと」を展開している。

ほっともっとの国内店舗数は11月末時点で2761店。

他の業態店や海外の店舗を含めた同社の総店舗数は3401店にもなる。

こうした規模の大きさを背景に、食材の仕入れコストや物流コストの低減を図っているのだ。

やよい軒が高利益率の一方、大戸屋は低利益率で客離れも起きている  

Posted by かほり at 22:42Comments(0)

2018年12月17日

【来年のための龍体】 籠町


『長崎くんち来年奉納する踊町、伝統の街「籠町」龍踊り』(籠町龍踊保存会)

長さ20メートル300年の伝統を受け継ぐ籠町の龍です。

新しく作った龍体を御披露目龍の頭は東京で制作、

1万枚をこえるうろこは龍衆が作り、縫い合わせました。

こだわったのは前の龍と変わりなくということ。顔にしても全部、全体、

変わりなく作ろうということです。

龍頭にうろこ、尻尾まで7年かけて、半世紀ぶりに新調されました。

事務所に役員や龍衆らが集まり龍体の清祓いが行われました。

元号が変わる来年の奉納に向けて準備が進みます。  

Posted by かほり at 21:34Comments(0)

2018年12月15日

【ジャネットさん殿堂入り】

『故マイケルさんに並び』
「ロックの殿堂博物館」

ロックンロールの発展に貢献したミュージシャンらをたたえる来年の

「ロックの殿堂」受賞者に女性歌手ジャネット・ジャクソンさんら7組を選んだと発表した。

ジャネットさんは既に受賞している兄の故マイケル・ジャクソンさんや、

兄弟でつくる「ジャクソン5」と共に殿堂入りが実現する。

過去にもノミネートされながら選から漏れており、一部ミュージシャンから殿堂入りを

認めないことに非難の声が出ていた。

式典は来年3月に行われる。



  

Posted by かほり at 18:55Comments(0)

2018年12月13日

【空母呼べない日本】

『「多用途運用護衛艦」 憲法上、「攻撃型空母」は保有できない』

海上自衛隊の「いずも型」護衛艦2隻について、甲板を厚くするなどして、

戦闘機が着艦できるようにする改修方針を説明。

小野寺五典前防衛相は記者団に「多用途で、あくまで護衛艦という範囲で

様々な運用ができるようにするということはWTでは共通認識だった」と述べた。

公明側から「空母というのはダメだ」と反対意見が出た。

自民側からは「防御型空母」との案「多用途運用母艦」という表現も

政府は「攻撃型空母」は自衛のための必要最小限度の範囲を超え、

保有は許されないとの見解であることから、整合性を図る呼称について議論したという。

最終的に「多用途運用護衛艦」とすることで一致したという。  

Posted by かほり at 20:06Comments(0)

2018年12月11日

【GKコーチに川口】

『フル代表や2020年東京五輪世代の代表など、担当するカテゴリーなどは未定』

各年代代表を指導するコーチングスタッフ就任の要請をしていることを明らかにした

日本協会サッカー元日本代表GK川口能活(43)にコーチ就任要請、

川口は、GKとして歴代最多の国際Aマッチ116試合に出場し、

ワールドカップ(W杯)を4度経験。イングランドなどでもプレーした

「指導者として育てながら、彼の経験や知見を生かしたい。

今のところGKコーチをメーンで考えている」と話した。  

Posted by かほり at 17:55Comments(0)

2018年12月10日

【森保補佐は・日本代表人事】

『日本サッカー協会東京・本郷のJFAハウスで定例会議』

W杯ロシア大会で西野ジャパンを森保現監督とともにコーチとして支えた

手倉森誠氏(50)が、契約切れで退任すると発表した。J1鹿島の次期監督候補の一人。

同コーチの退任の背景では、日本協会内部主流派と、非主流派の“鹿島閥”の対立がくすぶっている。

A代表のコンディショニングを20年ちかく担当してきた早川コーチの退任

森保ジャパンにとっては痛手といっていい。
 
森保ジャパンには「外国人GKコーチ」の招聘が決まっていることから、

関塚委員長は森保監督を補佐すべく、コーチ陣の増員と代表チームを補佐する

ナショナルチーム・ダイレクター(ND)の人選を継続中。

「(いい人材は)遅くなるとJクラブと契約してしまうから」と急ピッチに進めるとした。

浜野征哉GKコーチ(45)も退任する。

サプライズは早川直樹コンディショニングコーチ(55)の退任だ。

1999年からA代表のコーチを務め、トルシエ、ジーコ、オシムら外国人監督に仕え、

ロシアW杯の西野ジャパンまで8人の代表監督の信頼を受け続けた

敏腕コンディショニングコーチを斬ったことになる。

「森保のことをきちんと補佐していない今の技術委員会のやり方には反対だった」(協会幹部)

との声も多数ある。

いまだに補佐役のNDが決まらない技術委員会のスピード感のなさは、

森保監督の足を確実に引っ張っている。  

Posted by かほり at 20:47Comments(0)

2018年12月09日

【就職場所考えてやったのに】

『気に入らん?早稲田ユナイテッドU19の監督じゃ~」

来シーズンより大宮アルディージャの監督

アジアの大砲”高木琢也氏(51)がJ2大宮 新監督に“就任「これまでの経験を注ぎ込みます」

私が掲げる第一の目標は、J1昇格です。

選手一人ひとりがアグレッシブな戦いができるよう、これまでのJクラブ監督の経験を注ぎ込みます。

降格から1年でのJ1復帰を目指した大宮は5位でJ1参入プレーオフ進出を果たしたが、

1回戦で6位の東京Vに敗れて昇格に失敗。石井正忠監督(51)の退任

『6位でも退任~厳しいね~約束守らないと退任か~』


 

 

  

Posted by かほり at 16:20Comments(0)

2018年12月09日

【ホァーウェイ・中国】

『ホァーウェイを追い詰めよ「中国政府と関係が深い」という接頭語の危険さ』

頭脳ハイシリコンが最高レベルの半導体を中国国内のハイテク産業に売る可能性が出てくる。

アメリカを凌駕し、日本は不要となる。

「中国政府と癒着している」それがどれほど危険なことか、気が付いているだろうか。

中国政府と癒着していたり、中国政府と関係が深かったりするのであれば、

習近平国家主席は中国共産党一党支配体制の命運を賭けて国家戦略

「中国製造2025」を推進しているのだから、中国政府にハイシリコンが研究開発した

最先鋭の半導体の成果を提供するだろう。

「軍が背景にある」というようなことを言うと、

これが「愚か」だけで済む話でなく、いかに「危険」であるかも、日本人は認識しなければならない。

ホァーウェイやZTEなどの製品について、全ての府省庁や自衛隊などが使用する情報通信機器から

排除する方針を固めたことを意味する。

アメリカの同盟国であるやオーストラリアやニュージーランドでも同様の動きが広まっている。

通信機器に潜んでいると言われる「怪しい機能」を慎重に見極め、賢明な思慮と対策が求められる。

 それによりホァーウェイの販売ルートを締め付ければ、ホァーウェイは、

これまで拒絶していた中国政府の要望を受け入れて、ハイシリコンの半導体を、

中国の市場だけに開放するという「窮鼠、猫を噛む」手段に出るところに追い込まれるだろう。

ZTEはたちまち息を吹き返し、習近平としては日本に色目を使う必要も無くなってくる。
 
日米にとっての悪夢が待っている。

(私の携帯・タブレットはホァーウェイ製盗聴されている~~?まずは日本の情報?)

中国、朝鮮の悪く口言うと携帯が爆発し殺害されるかも~  

Posted by かほり at 00:01Comments(0)

2018年12月08日

【諫早から移転  V長崎の拠点】 

『県内協力自治体を公募』
V長崎が新たに打ち出した練習拠点の構想図

用地約10ヘクタールの無償貸し出しとサッカーコート整備に協力する県内自治体を公募する。

高田社長は「トップチーム、高校、中学、小学生が同じ場所で

V長崎の未来をつくっていけるような場所を用意したいと考えている。

心苦しい気持ちもあるが、本気で長崎に魅力的なチームをつくるために必要。

好意的に受け止めて協力いただけるとありがたい」と各方面に理解を求めた。

2020年2月をめどに新拠点の利用を始める方針。

ホームスタジアムも長崎市に移ることが決まっており、現在諫早市に集中している

V長崎の拠点はなくなることになりそうだ。

ジャパネットは10億円の投資を見込んでいる。ハコモノはジャパネット側が建設し、

グラウンドの整備と貸し出し、税金優遇などで自治体に協力を求める。

新たな拠点ではグラウンド5・5面(天然芝3面、人工芝2面、天井付きハーフコート)を整備。

クラブハウス、トップチームと育成年代の選手が一緒に暮らす寮、充実したトレーニング施設

も設ける計画で、ジャパネットは10億円の投資を見込んでいる。

V・ファーレン長崎の親会社、ジャパネットホールディングス(佐世保市)の

高田旭人社長は7日、チームの練習拠点を現在の諫早市サッカー場から移転する考えを明らかにした。

   

Posted by かほり at 13:32Comments(0)