2021年01月13日

【最後のロッカールーム廃部決定】

『「8人で勝ちたい」・「感謝」』サッカー部
佐世保市の本土から約60キロ離れた五島列島最北端の宇久島。
長崎県の五島列島最北端に浮かぶ、人口わずか2000人ほどの宇久島。
唯一の高校である宇久高校の全校生徒数は、22人(2020年4月時点)だ。
公式戦出場条件ぎりぎり島唯一の高校、宇久高校のサッカー部
宇久島の代表として出て勝ちたいという気持ちがあって…」
骨折しながら痛みをおしての強行出場、3年生の引退で足りなくなる部員、
数々のピンチを乗り越えた矢先でのコロナ、
2020年6月に事実上の廃部となったサッカー部の汗と涙の日々を追った。
8人のサッカー部と明るくはない島の未来
部活の帰り道、進路について尋ねると、
「ずっとここにいるっていうのは無理だとおもいます」
「結局仕事がなかったら生きていけないから…。
仕事があったらみんな残ると言ってる」と話す。島での未来は明るくない。
島の高齢化と人口減少の影響で、部活動は1つずつ姿を消し、
今では島民の数も約2000人にまで減っている。
多い時で140人を超える生徒がいた宇久高校は、部活動も盛んで、
中でも軟式野球は全国大会で準優勝したこともあった。
宇久高校サッカー部は、1993年に誕生。一時は部員が30人を超え、
高校生アスリートの祭典、
長崎県高校総合体育大会でベスト8に進んだこともあった。
しかし部員は減り続け、ついに5年前から11人に満たない人数で
大会に出場するようになった。
古くから良い漁場に恵まれ、素潜りによる
アワビ漁と捕鯨文化で栄えた宇久島は、1万人以上の島民がいた
小さい頃はもっと多くの仲間がいたが、親の転勤や
高校進学を機に島を離れた友も多く、残ったのがこの8人だった。


  

Posted by かほり at 09:42Comments(0)