2014年02月01日

【「世界新三大夜景」長崎の夜景】

 【夜の長崎に再び脚光】
まるで、宝石をちりばめたようだ。
長崎市の稲佐山標高333メートル。展望台から眼下を見下ろす。
すり鉢状の地形や港が独特の立体感を出す長崎の夜景。
長く愛されてきたが、最近、再び脚光を浴びている。団体旅行が渋り気味とあって、観光業界は活気づいている。


【「世界新三大夜景」長崎の夜景】

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。