2017年06月08日

 【東京の“珍名所低すぎるガード】

東京の“珍名所”が、また一つ消えようとしている。

新駅で消える山手線「低すぎるガード」の秘密

個人タクシーの「ちょうちん」が激突
品川新駅(仮称)付近にある通称「ちょうちん殺しのガード」こと
高輪橋架道橋の消滅に向けたカウントダウンが、人知れず始まっている。
 
「ちょうちん殺しのガード」の運命と、なぜそんなガードができたかという謎の解明である。
 ガードは制限高さ1.5メートル、西側から順に山手線、京浜東北線、東海道線上り線、かつて線路が何十本も並んでいた車両基地部分、東海道線下り線、東海道新幹線を一気にくぐる。なので長さは約250メートルもある。屋根にちょうちんマークを付けた個人タクシーがこのガード下を通り抜けようとしたところ、ちょうちんがガードにぶつかって壊れたという話が広まり、この名がついたとされる。実際の高さは1.6メートルほどと思われるが、ともかくそれより背の高い人は、かがまねば歩けない。それもちょっとやそっとの距離ではないので、途中首が痛くなったらしゃがむしかないのだ(そうした人は見たことがないが)。自転車もよく通る。背の高い人はそのままだと頭をぶつける。スピードを出したままぶつけたら大ケガとなるだろう。

 山手・京浜東北線の田町―品川間のほぼ中間地点
ここに東京オリンピックにあわせて品川新駅が仮開業し、本開業での「街開き」が2024年頃に予定されている。






 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。