2017年08月12日

【高校サッカー名伯楽】

【鹿実を三度の日本一に導いた名伯楽】
 
 8月11日、鹿児島実業高を率い、三度の日本一を成し遂げた松澤隆司さんが、多臓器不全のために亡くなった。76歳だった。

 高校年代の若者たちをどう導き、育ててきたのか。その貴重な指導経験について、さまざまな逸話や価値観をお伺いした。

 78年に選手権初出場を果たすと、95年、2004年に選手権で優勝。96年には全日本ユースを制し、三度の日本一に輝いた。

 その功績を称えられて、07年には「鹿児島県民表彰」を受賞している。監督から総監督を経て、11年に勇退していた。

 負けることの悔しさをいかに次につなげるか、だった。

 先生はそれを“負け根性”という独特のフレーズで、メンタルの強さ、逞しさを表現されていた。鹿実の校訓は「不撓不屈」。その指導の下で、世界を相手に逞しく戦う選手が何人も育った。

 鹿実を全国屈指の強豪に押し上げた名将だ。1964年に同校サッカー部のコーチになり、66年に監督に就任。同世代の小嶺忠敏さん(現・長崎総科大附監督)らと切磋琢磨しながら、勉強に勉強を重ねて独自の育成法を見出し、誰にも負けない情熱で選手たちに接した。

藤保仁、前園真聖、城彰二、松井大輔、伊野波雅彦、那須大亮、岩下敬輔……。卒業生に




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。