2017年08月20日

【政治家にも見習ってほしい】坂上忍

『バイキング』(フジテレビ系)でJ2“V・ファーレン長崎”再建に注目の話題を取り上げる

 高田社長の行動力に驚くMCの坂上忍は「こんな社長さんがまだいたのか。驚いたし嬉しくなるし、もっといろんな人に知って欲しい」と興奮気味に受け止めるが、ゲストの思わぬリアクションに戸惑ってしまう。

 ジャパネットたかた創業者の高田明氏がを2年前に退任した。
今年の1月期決算で累積赤字が3億円超になることが分かったJ2V・ファーレン長崎を再建する。

 今年4月からプロサッカークラブ「V・ファーレン長崎」の社長に就任、経営危機のクラブを再建しようと自ら関係者やスタッフに直接会って事情を聴いたという。

「サッカーはこれまでと全く違う業界だが、不安はなかったか?」

 観客数を約2万4000人水増し報告していたことを公表した。制裁金300万円

 自身も以前からV・ファーレン長崎を応援してきたので、長崎県民の気持ちが分かり「子どもたちの夢をつぶしちゃいかん」との思いから社長を引き受けた。

『高田社長に独占インタビューを行ったところ「1つの嘘は100の嘘につながっていく」との言葉が聞かれた。』そのことを肝に銘ずるのは生きていくうえで大事なところだという。

 「どんな業界であれ使命(ミッション)というのは人の幸せとか人の夢を繋いでいくためのものであり、そこは共通するのでそんなに迷いはなかった」「スポーツは人種、国境、関係なく皆さんに元気を与える。本当に素晴らしい」と答えた。

坂上は、「とかく会社を守るという大義のもとに隠ぺいなどが当たり前に行われる

 高田さんのように責任ある立場に立って自らの手でウミを出すことはなかなかできることじゃない」と強く共感していた。彼のなかでは「政治家の皆さんもちょっと見習ってほしいな」との思いが膨らんだようである。

 坂上としては高田社長の行動力とすっきりしない政界の話題を繋げたかったのだろうが、不完全燃焼に終わり残念そうであった。

『ジャパネットたかたお知らせ担当 2017年4月26日付Twitter「\プロサッカーチーム運営メンバー募集!/」』

 そんななか、 坂上のテンションを下げる。

ゲストの黒沢年雄は感想を求められて「美談に扱われてるけど当然ことをしただけ。

自分でもそうするだろう」

という趣旨を繰り返して「どうも噛み合わないようですね」・・・






 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。