2017年09月14日

【日本・中国サッカー交流事業】

V・VARE長崎スポーツクラブ(一般社団法人)サッカー通じ日中交流事業

ホテル長崎で中国チームの選手歓迎パーティー開いき日本と中国の交流事業をスタートさせた。
 
活動の第1弾として、8月に同市のサッカーチーム、長崎南山ジュニアを上海市に派遣。

この冬には上海市と北京市の小学生約120人が県内で合宿を行う予定だ。

人々の温かさや風土にほれ込んだ。「築いた絆を途切れさせるのはもったいない。
今後も長崎の良さを中国に伝えていきたい」と一念発起。
7月、交流事業を目的とした会社「日中友好体育振興株式会社」を長崎市内に立ち上げた。

2015長崎の服部順一GMは「クラブとして初となる業務提携を上海申花と
いうビッグクラブと締結することとなり、非常に光栄です」コメント

上海申花から出席した錢安可ビジネス副社長は「長崎と上海は友好都市でありますし、すごく縁を感じました。

 呂さんは1980年代に中国代表DFとして活躍。Jリーグの前身、日本リーグの富士通(現J1川崎)、東京ガス(現J1FC東京)でもプレーした。

2015年春、V・V・NAGASAKIの国際戦略アドバイザーに就任。今年6月まで、ジュニア層のサッカー交流試合やボート本県選手団の上海市への遠征などに尽力した。
今日諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で、元中国代表選手らと県シニアリーグの選手らの親善マッチを開催する。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。