2017年10月04日

【歴史の重み・長崎くんち】

【敬白・学芸会化】
 
『傘鉾幕』 

染屋にデザイン注文すれば簡単に作れるデザインでヘラヘラ布
昔の幕は豪華だったが(長崎刺繍)後継者もいなくなり・・・古い幕が価値があるのに~
担ぎ手は岩屋・長与・・・ 力自慢の人も・・・
本来と言えば京都の日陰にする傘鉾が始まり長崎に来て力自慢の傘鉾なった。

『山車』
山車三輪なったり輪が鉄だったり木輪は、軋む音いいのよね~

最近は宮大工もいなく屋根は強化フラッチック 長崎漆しもたえてしまった。
龍頭も強化フラッチック軽くなったね~気持ちも軽くなったね~
東浜の町鳳凰(麒麟)の頭も・・・

【本踊りも
西川流(にしかわりゅう) - 「五大流派」のひとつ。

花柳流(はなやぎりゅう) - 「五大流派」坂東流(ばんどうりゅう) - 「五大流派」

藤間流(ふじまりゅう) - 「五大流派」 若柳流(わかやぎりゅう) - 「五大流派」
踊りを知ってる人は正式の踊り方ではないな~思う。学芸会~
子供の踊り、山車引き、網引きも学芸会~ 『長崎くんち』も敬意と重みが無くなりつつある。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。