2017年10月22日

【キタサンブラックの年内引退】

天皇賞を2連覇したキタサンブラック、「引き際の美学を大切にしたい」

まだまだ走ってくれると思いますが、引き際の美学を大切にしたい。花を咲かせたまま、今年いっぱいで引退と決めまし た。
 歌手の北島三郎(81)が20日、昨年の年度代表馬に選出された所有馬で、年内での引退が発表された
キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)に対してコメントを発表した。

同馬は、天皇賞・秋(10月29日、東京)、ジャパンC(11月26日、東京)、有馬記念(12月24日、中山)の3戦を走った後、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。

17戦で、G15勝を含む10勝をマーク。獲得した収得賞金は歴代5位に入る13億4413万9000円となっている。
「今まで、怪我もせずよく頑張ってくれた、本当にたくましい彼です。

応援してくれたファンの皆様と同じく私もさびしいが、終わりは始まり。彼の新しい道を応援して頂きたい。
残されたレースを皆様と一緒に楽しみたいと思います」

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。