2017年12月05日

【水俣病】

熊本県水俣湾周辺で1956(昭和31)年5月に、新潟県阿賀野川流域で1965(昭和40)年5月に発見された。
 1968(昭和43)年にそれぞれチッソ株式会社、昭和電工株式会社の工場から排出されたメチル水銀化合物が魚介類に蓄積し、それを経口摂取することによって起こった。

 中毒性四肢末端の感覚障害、運動失調、求心性視野狭窄(きゅうしんせいしやきょうさく)、中枢性聴力(ちゅうすうせいちょうりょく)障害を主要な症状とする中枢神経系の疾患です。

 最高裁判決(平成16年)などにより、総合対策医学事業の拡充が行われ、現在多くの人が医療手帳や保健手帳を受けている。

 1969年に公害健康被害者に対し、医療費や通院費などの給付を行う制度が実施され、また、1995年の政治解決や、2005年の保健手帳による給付が行われています。

新潟県、篠田昭市長が近く9人に直接謝罪する。「やっとニセ患者じゃないと証明できた」--。差別などを恐れて家族にすら被害を伏せてきた原告らは、万感の思いを胸に喜びをかみしめた。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。