2017年12月18日

【次の再編】三菱

 三菱重工の商船事業、大赤字からのリストラ完了で囁かれる次の再編

大型客船の工事の混乱で、2719億円にも上る巨額損失を計上した。

今後、同船の商談減少で操業は落ち込む見込む。
 
 三菱造船では官公庁船、乗客志向型フェリーの設計・建造や、LNG(液化天然ガス)船  などを、海洋鉄構では大型船の建造や、防波堤といった大型海洋鉄構構造物の設計・建造などを行っていくという。

 設計などを、海洋鉄構では大型船の建造や、防波堤といった大型海洋鉄構構造物の設計・建造などを行っていくという。

 設計には船の造りやすさといった建造現場のノウハウが必須だ。三菱造船における設計の高度化や若手設計者の教育を考えれば、「大型船の建造も手掛けた方がノウハウを蓄積できる」と地元経済界の関係者は首をかしげる。

 2018年1月に、造船などの事業会社である三菱造船と三菱重工海洋鉄構(海洋鉄構)を新設。

三菱重工本体の船舶・海洋事業部門も含め、商船事業の機能を全てこの2社に集約する。

 新会社2社は、三菱造船が設計等を手掛けた船の建造を海洋鉄構が担うなど、業務面で連携していく方針だ。だが、安値攻勢を仕掛けてくる韓国勢などの存在を考えれば、三菱造船が連携相手に海洋鉄構を選べる保証はどこにもなく、海洋鉄構の自立が危ぶまれる。

三菱重工の長崎造船所香焼工場は7隻同時に進むLNG船の建造に沸くが、今後、同船の商談減少で操業は落ち込む見込む。






 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。