2017年12月25日

【尻穴に空気入れ殺害】

『傷害致死』

産業廃棄物処理会社「エコシス埼玉」職場同僚の体内に空気注入暴行を加え、死亡させた。

業務用のコンプレッサー(空気圧縮機)

 埼玉県警杉戸署は加須市旗井2、産廃処理会社社員、神崎利宏(47)と千葉県松戸市日暮4、同、ビヤビセンシオ・ナカモト・トミー・ジョエル(36)=ペルー国籍=の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕した。 

 遊びと称して、この父親は車のタイヤの空気入れの先を、5歳の息子のお尻に入れて空気を送り始めたのです。

すると息子のお腹はふくらみはじめ、心配した母親が病院に駆け込んだため、ことが発覚しました。

息子は幸い無事で、現在回復に向かっているとのことですが、父親はこの遊びを非常に後悔しているらしいです。

 生後3か月の長男の尻にシャワーを強く当てて、腸を破裂させるケガをさせた疑いで、21歳の父親が再逮捕された。

 2013年6月上旬、自衛隊員2名が勤務中に車などのタイヤに空気を入れる機械「コンプレッサー」を使って肛門に空気を入れあっていたことが明らかになった。

悪ざけてやったことがとんでもない事態を招くことがある。

隊員は機械の不適切使用で厳重注意されたそうだが、コンプレッサーを肛門に入れていた隊員のうち1名が入院するという事態になっていたという。

自衛隊員が肛門に空気を入れる機械を入れる
機械の不適切使用で厳重注意を受けたのは航空自衛隊小松基地に所属する2名の男性隊員だそうだ。『どくなもんじゃない』



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。