2018年05月31日

【ハリルでも西野でも変わらない】


《言われたことしかできなくて何が代表だよ!》

日本代表は新システムの3バックハマっていたとは言い難い。 3-4-2-1のフォーメーション   

「3バックでも出来るんだよってところを監督に見せたかったのかもしれない」『普通でしょう』

3バックでのやり方に慣れていないせいか、まるでぎこちなかった

ガーナ戦は、ファールで(どうぞ得点してください)失点2-0で完敗

それでいて前半の失点シーンでは、ゴール前で人数は足りているのに相手にフリーキックを与えて、壁の造りの不味さから直接決められてしまった。

日本的なサッカーというのを再び掲げて、システムも複数を使い分けて、

「何かやってくれるんじゃないか」という期待を抱くのは分かるけど、そう簡単にいくものではなかったね。

『プライドと技術?余裕ありすぎ、その割に制度にかける(仕事をさせてもらっていない)ガーナのDFきつい』




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。