2018年06月02日

【V・VAREN長崎にもスーツ提供】

J1初挑戦のチームを支える公式スーツとして提供が始まった。こうした姿勢にV長崎の髙田明社長が共感。

北松3縫製メーカーがドオリジナルのスーツブランド「WESTORY」(ウエストリー)立ち上げ

「EST」最高技術とシャツ製造「山喜」(旧ジョイモント)工場ブランドの創設は利益率を高め、

良質な商品を買い求めやすい価格で提供する狙いがある。

3メーカーは松浦市のスラックス製造「エミネントスラックス」、平戸市のジャケット製造技術力に定評 
機能性重視の若者向けからビジネスマン向けの高級品など三つのタイプがあり、素材や裏地なども選べる。

価格は3万9千円(税込み)からで、高級ブランドに負けない品質が自慢。

午前9時~午後6時(3日は午後4時まで)。3社製品の特価販売もある。

松浦市志佐町の道の駅「松浦海のふるさと館」漁村体験学習施設で開く。

同日午後2時半からはV長崎、高木琢也監督のトークショーを予定。

問い合わせはエミネントスラックス(電0956・72・0326)。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。