2018年06月09日

【“人生最期の写真”】

《「長生きを信じることに価値がある」》
「ジャパネットたかた」創業者として知られ、現在はサッカーJ1「V・ファーレン長崎」

社長である高田明氏が持ってる物は、モンブランの万年筆最も愛着があるのは、モンブランのユニセフ・コレクション。

社長を務めるサッカーJ1『V・ファーレン長崎』のユニフォームにもユニセフのロゴを載せ、支援している。

「被爆の県だからこそ、世界の子供たちへの教育支援を通じて、平和と夢を未来へ繋げる

取り組みには意味があると思います」3年前、残りの人生50年と公言した。

「そう思えばやりたいことは山ほど。長く生きると信じて生きることに価値を感じます。世阿弥の『老後の初心』に倣い、老いて遭遇する試練にも初心にかえって向かっていきたい」


目指すはアジア・チャンピオンズリーグへの出場。長崎の人々が燃える日を夢見ている。

人の役に立ち、幸せにすることこそが人生究極の喜びと語る

『いい事と言ナ~』ネタ記事沢山んどれ出そう分かっているけどやめられない病んだ~病んだ~




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。