2018年07月01日

【体操・内村航平予選落ち】

 《鉄棒落下でまさかの予選落ち》

◇体操・全日本種目別選手権第1日(2018年6月30日 群馬・高崎アリーナ)

個人総合で世界選手権(10~11月、カタール)の代表を決めている内村航平(29=リンガーハット)

鉄棒で予選落ちした内村はサバサバした表情を浮かべた。

H難度の大技「ブレトシュナイダー」に挑戦する予定だったが、披露することはできなかった。

終末技に入る直前の車輪で手を滑らせて落下。珍しいミスで13・400点に終わり、7月1日の決勝に進出できる上位8人に入れなかった。

決勝に残っていれば、H難度の大技「ブレトシュナイダー」に挑戦する予定だったが、披露することはできなかった。
 内村は「(手が滑っての落下は)記憶にある限りでは、ない。

練習ではたまにある。車輪の時に足が入りすぎてる風に思った。

練習不足。悔しいっていうよりも滑って落ちるってどこにぶつけていいか分からない。

(ブレトシュナイダーは)世界選手権の種目別に残れば確実にやりたい」とサバサバと語った。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。