2019年03月26日

【サッカー守備的戦術】

『面白くない日本サッカー』

最近、「サッカーで攻撃的な展開に欠け、退屈に感じる試合がある」
 
「現代スポーツは勝利至上主義の側面が強いので、勝つためには監督や選手はルールの範囲内で、

観客が面白いとは思わない戦術を選ぶ可能性があります。

前線や中盤でボールを奪いに行かず、極端に守備的な戦術を取るチームが増えているためだ。

1点リードした状態で、それ以上失点しなければ終盤にボール回しで時間稼ぎをしてそのまま試合を終わらせる。
 
「現代スポーツは勝利至上主義の側面が強いので、勝つためには監督や選手はルールの範囲内で、

観客が面白いとは思わない戦術を選ぶ可能性があります。

会場ではサポーターの一部からブーイングも、新ルールを作る

または改定するなどして禁止事項を設けることで、監督や選手は『攻めずに、勝とうとしない』

プレーを選択できないようになります。ルールで『つまらない』戦術やプレーをできないようにしていけば、

試合を面白くしていけるはずです」

スポーツ倫理学が専門で、サッカーで攻撃を促すようなルール変更をしたら、

どのように変わる可能性があるのか、ルールを変えれば、スポーツは面白くなるのでしょうか。

シミュレーションしてもらっら。


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。