2019年03月30日

【大宮に負ける】

明治安田生命J2リーグV・ファーレン長崎0対1で敗れました。

V・ファーレンは大宮の攻撃陣に攻め込まれますが、

キーパー徳重選手の再三のファインセーブでしのぎ、得点を許しません。

大宮後半10分、ファンマがコーナーキックを頭であわせ、ゴール。

[ 手倉森 誠監督 ]
選手たちには「何を力んでいるんだ」という話を「もう少しリラックスしていいんだ」

後半、1点取られたあとの仕掛けという部分は、必死になって相手を攻め立てた

というところに対して、全員がボールを要求し合った。

パワーを出せるんだっていうことをみんな確認できたので、

今回の負けを糧にして、次からのエネルギーにしないといけない。
『V・VARE長崎今日みたいな戦い方をしないと、やり続けないと』『だが点が取れないね~』
[ 高木 琢也監督 ]
2つのことを多分、言わなくてはいけないかなと思っています。

まず、1つ目は大宮として、今日のゲームを粘り強く、

選手たちが勝てたということは、これまでのゲームを振り返って本当になかなか、

うまくかみ合わないところがあった。

今日、選手たちは本当にアグレッシブに戦ってくれました。

2つのことを多分、言わなくてはいけないかなと思っています。

そういうものが入り乱れた中で、いろいろな人が声をかけるので、

なかなか試合までの時間でしっかり準備することができなかったので、

「これはちょっとイヤがらせなのかな(笑)」っていうくらいの感覚

本当にサッカー人冥利に尽きるようなシーンだったと思います。この試合を、

この先どうか分からないですが、しっかり記憶に収めながら、

また新たなゲームをやっていきたいと思います。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。