2019年05月14日

【なぜ「民族」という言葉が絶対か】

『韓国では大韓民国臨時政府の発足100年を祝う式典をソウルで開催』

文在寅大統領の革命思想とは

大韓民国は1948年に建国されましたが、文大統領は、建国は1919年だと主張しています。

文大統領によると、韓国と北朝鮮の政府が1948年に樹立されて、南北分断がはじまり、

これは朝鮮民族の「悲劇の年」であるとのことです。

「民族統一」という政治的な思惑があります。

文大統領は「親日清算」というスローガンを掲げ、そのような親日派が築き上げた

大韓民国は根底から否定されるべきだと主張しているのです。

韓国の学校の歴史教科書にあった「1948年8月15日に大韓民国樹立」という表現が

2018年から「政府樹立」に変更されています。

919年、日本に抵抗した独立運動家の金九(キム・グ)らにより、

上海で亡命政府の大韓民国臨時政府が成立しました。

もともと大河を境に全く違う民族が住んでいた朝鮮半島。

そのルーツと歴史を振り返り、韓国人にとっての「民族」とは何か、考え・・・



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。