2019年08月26日

【九州経済連・期待】

長崎サッカー専用スタジアムにも着目・「長崎を九州観光の核へ」

九州経済連合会(九経連)の長崎地域委員会(委員長・森拓二郎十八銀行頭取)は

22日、長崎市内で会合を開き、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)などについて、

九経連本部の麻生泰会長と意見交換した。

出席者からは「西九州での経済活性化の取り組みが足りないと感じる。

長崎県はどうあるべきか」と指摘・質問があった。

麻生会長は、国内外から九州へ観光客を増やす上で、最大の空の玄関口である福岡空港が

「既にパンク状態で伸びしろがない」と問題視。

長崎県の3案件がうまく絡めば「九州観光の核へと大きく化ける可能性がある」との見方を示した。

長崎市内でのサッカー専用スタジアム建設計画に着目し

「これだけのスケールの民間投資は福岡でもなかなか出てこない」と評価した。

 地元経済人の委員ら約40人が参加。平田研副知事が県政の課題としてIRの区域認定と

九州新幹線長崎ルートの全線フル規格化、長崎空港24時間化の3案件を説明した。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。