2019年09月09日

「長崎くんち」今年手ぬぐい

『踊町の手拭いセット販売開始』

長崎市の諏訪神社の秋の大祭、長崎くんち本番まで1ヵ月を切り、

奉納踊りを披露する5つの踊町の手拭いが一度にそろう

1箱2700円(税込)で、10月から消費税が10パーセントに

引き上げられますが、価格は据え置くということです。

手拭いセットは2000点限定で、

長崎市の歴史文化博物館や出島の売店などで販売されています。

魚市場があった魚の町は、海ではねるタイをあしらった。

今博多町は、本踊で使う三味線や扇子、鶴など。

玉園町獅子にちなんだものが描かれている。

江戸町は町の紋章「タコノマクラ」やオランダ船。

籠町は太陽を見つめる勇壮な龍の姿が描かれています。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。