2019年10月24日

【天皇杯4強ならず】


『JFL・ホンダFC、「勝たせてやりたかった」』

▽準々決勝 鹿島1―0ホンダFC惜敗(23日・カシマスタジアム)

JFL首位のホンダFC(静岡県代表)は、1991年度以来の4強入りはならなかった。
                     
                    前身・本田技研時代の91年度以来となる
4連覇をしっかり獲得できるチームにしていく」と意気込んだ。

「次につなげないと」とボランチで攻撃の起点にもなったMF山藤健太(32)。

ここまで勝ち上がった経験を生かしていく。

何度もゴールへ迫ったが、1点が奪えず。井幡博康監督(45)は「負けました。

ただ、それだけ。チャンスを作っても負けは負け。悔しがった。

ホンダFCが、最後まで持ち前のパスサッカーを貫き、18年アジア王者の鹿島を苦しめた。

鹿島とは昨年2回戦で対戦も1―6と大敗を喫していただけに、

リベンジマッチへイレブンは燃えていた。

この日はバス20台を含む約1800人の応援団がスタジアムに駆けつけ、声援を送った。

指揮官は「リーグ戦はまだ続く。

ただ、ここまでJクラブ相手に勝利を重ねてきたチームはこの日も堂々と戦い抜き、

試合後は鹿島サポーターからも「ホンダFC」コールが起こった。








 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。