2019年11月04日

【選手権敗退星稜】

『星稜 延長の末決勝で涙』
全国高校サッカー選手権石川県大会決勝が3日、金沢市の西部緑地公園陸上競技場

県大会決勝で星稜は延長戦の末に鵬学園に1―2で敗戦。

前半5分に先制するも、後半10分に追いつかれ、延長後半8分に決勝点を献上。

試合後、騒動の影響を問われた河合信幸監督は「それは全然ないです」と答えた。

また、試合後の選手への取材はチームの意向によりNGとなった。

3大会連続29度目の全国大会出場はならず、選手たちは泣き崩れた倒れ込む。

試合前には石川県高体連サッカー専門部から報道陣に「取材について」と書かれた紙が渡された。

「取材できるのは、選手、チームスタッフのみ」「取材内容は、

サッカーの試合に関することのみ」などと記され、超異例の取材規制が敷かれた。

総監督が職務停止で超異例の取材規制も…14年度には監督として

全国制覇を果たした河崎護総監督(60)が、部員に対して「あほ」などと暴言を吐いたり

暴力を振るったと指摘されたことから、副校長の職務も含め25日から一時停止となっている。

騒動の影響「全然ないです」 厳戒態勢が敷かれる
『長崎大会』
創成館 0-1 国見   長崎日大 0-3 長崎総科大附

 

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。