2019年11月09日

【「御朱印」転売】

『罰当たり』

嘆く寺・神社・・・違法ではないものの神主も首をひねる

ここ数年、神社や寺の『御朱印』が人気を集めていますが、

インターネットで転売されるケースが相次いでいます。

売る側の主張は?ネット転売の実態です。

参拝者が求めているのは、墨と鮮やかな朱色が織りなすコントラストに年々人気が高まる

『御朱印』です。参拝者も…「筆の使い方とかすごい魅力。」

「パワーのある字体を頂いた時には、写真付きメールで送ります。」

世界遺産・下鴨神社「4年くらい前から御朱印を求めてくる人が増加」

御朱印にはあらかじめ書いてある「書き置き」とその場で書いてくれる

「直筆」がありますが、人気が高いのはやはり直筆。需要が急増したため、

下鴨神社ではこれまで1人だった御朱印の書き手を、4年前から3人に増やして

対応しています。何十倍という人数に増えていますね。

売られているのは全国各地の寺や神社などの御朱印。四国八十八ヶ所霊場を網羅した

御朱印セットは47万円。金神社の御朱印は本来300円のところ、

約18倍の5555円で売られています。

「半分怒りはありますね。300円の御朱印を何十倍で出して…

ちょっとやりすぎじゃないかな。それでお金を頂こうというのはよろしくないですね。」

御朱印が何倍もの価格で転売される現状…神社や寺からは「やりすぎ」「残念」の声

神様も頭を抱える難

「『(御朱印の)書き置きを40枚欲しい』と言われて『どうするんですか?』と聞いたら、

若い人で、『会社で配ります』と言われて、『できません』とお断りしました。

そういう対策しかできない。」宮司が怒りを露わにするのは…

ここ数年、加熱する御朱印ブームにのってフリーマーケットサイトで転売が相次いでいる。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。