2019年11月20日

【スタジアム整備補助金】

『たった1000万円かよ~』

Jリーグ、4クラブに交付「スタジアム整備補助金」の交付

今年度に申請があったのは、セレッソ大阪(スタジアム大規模改修)、

ヴィッセル神戸(スカイボックスの増設)、

サンフレッチェ広島(スタジアム整備実現に向けた調査研究)、

V・ファーレン長崎(理想のスタジアム4要件の実現可能性検証

交付が決定したクラブは、2020年12月10日までに事業を完了し、

Jリーグ宛に報告書を提出することが義務づけられている。

リーグ規約第30条「理想のスタジアム」に定める4要件のすべてを満たすための

抜本的なスタジアム整備を行うJクラブが対象となる。

年間合計5,000万円を上限とし、スタジアム整備事業や整備に向けた

調査事業に係る費用の一部を補助するもの。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。