2020年01月13日

【悲観する事は無い】

『若き森保ジャパンは後手に回ったのか?』
U―23選手、「気持ちで負けていた」
「勝負勘を培ってほしい」と選手たちにリクエストを出している。
森保監督は「選手たち、スタッフも非常に良い準備をしてくれて、
戦い方も先制点は許したものの勝利できたかもしれないという内容を2試合とも落としているので、
勝負強さのところを詰めていかなければいけないと思っている」
「攻撃の回数はあまり受けていないと思うが、カウンターを止められるところ。

最後の時間帯、苦しくなったところを凌ぐというのを試合前からも言っていたが、
勝負勘というものを若い選手が培ってほしい」
相手はチャンスを待って攻撃展開が勝利した。
日本人らしい戦い方だった。個々の技術うまいのだが チームの試合展開(速い攻撃)  
 






















 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。