2020年01月25日

【南葛SCの新監督】

『「まさか指導者になるとは思っていなかったんです」』

新シーズンの南葛SCの指揮を執る島岡新監督。

指導者としてのキャリアは母校の関西大から始まった。

卒業後は関西大に進み、96年に鳥栖フューチャーズに入団。

翌年から名称変更したサガン鳥栖の一員としてJ2でプレーし、01年に現役を退いた。

ここから母校の関西大でコーチになるのだが、当初はそのつもりはなかったという。

関西大で長きにわたって監督を務め、

2016年からは名古屋グランパスでトップチームのコーチを務めるなど実績は十分。

新指揮官の手腕に興味は尽きない。

関東社会人リーグ昇格を果たすべく、“新生南葛SC”が動き出した。

「僕が引退するタイミングで母校の関西大に『指導者をしたい気持ちはないか』と、

声をかけてもらったんです。

誘われるまで僕自身はやる考えを持っていなかったけど、

チャンスがあるならと思ったのと、母校のために新たな自分を作る

チャレンジをさせてもらえるのであれば、

やってみようという気持ちになって一歩踏み出しました。そこが始まりですね

さて南葛SC優勝させてJLFに一年で上がれるか(資金繰り・スポンサー)問題あり

も~10年ユナイテッド福井(ザールコス福井)まだま見通しも立たない   

(地方リーグでは優勝)全国リーグでは後から来たのに追い越されトホホ~

どちらも応援してるが・・・

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。