2020年07月19日

【長崎市内開発】

『長崎市稲佐山山頂エリア18日リニューアルオープン』

ジャパネットホールディングスの高田旭人社長(41)今まで長崎に無かった味が集結
「長崎市の稲佐山です。標高333m。山頂にある展望台
18日オープンする「INASA TOP SQUARE」。人工芝を敷き詰めた展望台のカフェ
ハンバーガーやフルーツパフェ、ケーキやアイスコーヒーに地ビール。
山頂にある展望台からは『鶴の港』と呼ばれる長崎港の(夜の夜景)大パノラマを楽しむ
「SHOGUN BURGER」と長崎のフルーツなどを使ったスイーツを提供する「ShachuShachu」が出店
醸造した長崎の伝統柑橘「ゆうこう」風味の「ヴィ・ビール」や
長崎市の眼鏡橋近くで人気の「HafH Cafe&Bar」のこだわりのコーヒーなど。
屋外エリアでは和牛100%のハンバーガーを提供
今回が第一弾の「INASA SQUARE PROJECT」の初期投資は約5000万円。
年内には中腹エリアにスポーツ施設などを備えた
「INASA HILLSIDE SQUARE」もオープンさせる計画です。
4月に稲佐山公園と「長崎ロープウェイ」の指定管理者になった
佐世保市の通販大手ジャパネットホールディングスの子会社で
地域創生事業を担う長崎市の「リージョナルクリエーション長崎」。
長崎市幸町に、同じ子会社「V・ファーレン長崎」のホームスタジアムやホテル、
アリーナなどを併設した「長崎スタジアムシティ」の建設を進め、
2024年の開業に合わせてスタジアムまでロープウェイの延伸も計画しています。
長崎県内から「Bリーグ」初参入を目指すプロバスケクラブの設立やクラブ名の公募、
8月7日(金)に、さだまさしさん(68)らが出演する
稲佐山音楽祭を無観客で開催し全国放送する計画も発表しました。
子どもたちも楽しめるというものをもっと増やしていくことで自然と
皆さんが集まってくるものになると思う。ここが盛り上がる。
ここに直接つながる。スタジアムも盛り上がるという
相乗効果を目指したいと私たちは強く思っています」と話しました。








 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。