2020年08月07日

【広島原爆の日】

米国の原爆投下から75年・広島は6日、原爆の日を迎えた。
『子や孫の未来のため、その根本に立ち返る日』
多くの市民が無差別に命を奪われ、壊滅した広島の街
私たち一人一人が、失われた命と被爆者が歩んだ苦難の道に思いをはせ、
切迫する世界情勢と向き合いたい。
核兵器がひとたび使用されれば、日常は消し飛び、家族の命が奪われる。
「核兵器のない世界」の実現は見通せない。
米国のトランプ大統領75年前の初の核実験を「素晴らしい偉業」と表現した。
被爆者の間には怒りと無力感が広がった。「核兵器は絶対悪」との訴えは、
いつになれば核保有国の為政者に響くのか―。被爆者は歯がみした。
小型核の開発・配備を進め、核廃絶への道は険しさを増す。
子や孫の未来のためにも、その根本にあらためて立ち返る日としたい。
《中国新聞が報じた記事》  

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。