2021年01月11日

【“覚悟”・大久保嘉人】

『大久保は骨をうずめる覚悟で“挑戦”C大阪復帰』

古巣復帰「選手生活の最後は”セレッソ大阪”でと…」

ワールドカップ(W杯)にも出場した元日本代表アタッカーが、

揃って新天地を求めた。

Jリーグでの豊富なキャリアを誇りJ1リーグのセレッソ大阪へ、

日本代表として60試合6得点、W杯に2度出場するなど輝かしい

キャリアを築いてきた大久保は、

今年6月に39歳となるなかでの古巣C大阪への復帰について、

骨をうずめる覚悟で臨むことをクラブを通じて明かしている

プロ20年目となった昨季はJ2の東京ヴェルディでは、

リーグ戦19試合の出場でノーゴール。

Jクラブに所属するシーズンでは初めて得点を挙げられなかった。

から元日本代表FW大久保嘉人を完全移籍で獲得

2001年にC大阪でプロデビュー。2度の海外移籍と

ヴィッセル神戸でのプレーを経て、

13年から在籍した川崎フロンターレでは

3年連続Jリーグ得点王を獲得する快挙を達成した。  

歴代最多となるJ1通算185ゴールを誇るストライカーは、・・・?

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。