2021年02月12日

【Jリーグ・ガイドライン】

新型コロナウイルス感染防止策として、
クラブは近隣のコンビニ以外の外出及び外食を禁止。
Jリーグも外食を控えよう呼び掛け、沖縄県では独自の緊急事態宣言を出し、
外出自粛を要請していた。
2選手は沖縄キャンプ中の4日午後4~6時頃に飲食店を貸し切って外食した。
J1浦和の元日本代表MF柏木陽介(33)とFW杉本健勇(28)が
クラブの規律に違反して沖縄キャンプ中に外食していた
問題について「大変残念なこと」と厳しく指摘した。
「多くの皆様のサポートの中でキャンプができていますし、スポーツが運営できている。こうした方の期待を損ねることが大変残念なことでもあります」と述べた。

村井チェアマンは2選手の規律違反について、
リーグが直接事実確認しているわけではなくクラブから説明を受けていると明かした。
開幕へ向け「今一度ガイドラインの遵守であったり、地域との約束であったり、
法令であったりそうしたことをしっかり守っていくことを徹底していきたい」
と臨時実行委員会で確認したという。
処分については、リーグが科すのはクラブの管理責任だという懲罰の基本原則を説明。「どのような管理体制が敷かれていたのかの事実確認は
リーグからクラブにヒアリングさせていただくことになる」と話した。

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。